1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. Emilio Santiago / Emilio Santiago (1975)
  4. ブラジル音楽全般 » 
  5. Emilio Santiago / Emilio Santiago (1975)
お知らせ
ご来訪下さり、誠にありがとうございます。
体調不良の為ブログの更新を休止しております。

別館「これ、つまらないものですが。。。」の方は更新しておりますので
もし、お時間ございましたらこちらの方も宜しくお願い申し上げます。
m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

Emilio Santiago / Emilio Santiago (1975)

Emilio Santiago(Vo)の1stアルバム。
本作は、ボサノバ、サンバに加えファンク、ソウルの要素を
取り入れたクロスオーバーなサウンドとなっています。
AzimuthJoao DonatoIvan Lins
Wilson Das Nevesなど参加メンバーも豪華です。
彼の一番の魅力はやっぱりセクシーな歌声だと思います。
でも濃過ぎず、さらりと聴けてしまう所が魅力ですよね。

Tr.1"Bananeira"Gilberto GilJoao Donatoによる
共作のカバー。刻むエレピにファンキーなホーンが
インパクト大な、ブラジリアン・ファンク。カッコイイです!!
Joao NogueiraTr.4"Batendo a porta"  
小気味の良いテンポに流れるようなボーカル、それに絡む
エレピ、ギター、フルートの音色も素晴らしいですね。
スキャットもオシャレでイイ感じのボサチューン。
Tr.2"Quero Alegria"Tr.8"Nega Dina"も同様のテイストで、
海辺で、または昼下がりなんかにゆったりと聴きたい感じの
お洒落サウンドです。 Jorge BenTr.6"Brother"
女性コーラスがソウル的なTr.1同様のブラジリアン・
ソウル・ファンク。ギターカッティングやホーン隊の
合間に入るエレピもいい味出してます。
Marcos ValleTr.7"La mulata"は、くだっていく様な
コード進行が気持良い軽快なラテンナンバー。 その他、
Ivan LinsワールドなTr.9"Doa a quem doer"や、
Tr.3,Tr.5,Tr.10のしっとりしたスロウナンバーも
Emilio Santiagoのボーカルが実にセクシーでイイですね。

本作はジャケを代えて何度かCD化されていますが、
彼の70's~80'sの他の作品も、もっとCD化して欲しいですね。
期待してます!

※2008/10/23の記事です



Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://70sgroove.blog49.fc2.com/tb.php/34-f91d8d42 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

最新記事
記事一覧表示
CDストア
アマゾン
月別アーカイブ
プロフィール

70sgroove

Author:70sgroove
雰囲気のいい音楽が好きな
ただのリスナーです。
聴いて感じた事を素人の
視点で書いていきます。
ゆる~いブログなので
内容はありません。
詳しい情報は他blogさんに
お任せってことで・・・。
エレピ(フェンダー・ローズ
等)やアナログシンセ
(moog等)やワウギター
などのいかにも70年代な
音色がストライクです。
もちろん70'sだけでなく
60'sや80'sもあります。
最近の音楽が好きな方も
"新しい音楽"として
興味を持ってもらえると
嬉しいです。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
グダグダ日記

これ、つまらないものですが。。。
音楽レビュー以外の記事はこちらに引っ越しました。m(_ _)m

お気に入りリンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ランキングサイト
にほんブログ村 音楽ブログへ
人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。