1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. Brian Auger's Oblivion Express / Straight Ahead (1974)
  4. フュージョン » 
  5. Brian Auger's Oblivion Express / Straight Ahead (1974)
お知らせ
ご来訪下さり、誠にありがとうございます。
体調不良の為ブログの更新を休止しております。

別館「これ、つまらないものですが。。。」の方は更新しておりますので
もし、お時間ございましたらこちらの方も宜しくお願い申し上げます。
m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

Brian Auger's Oblivion Express / Straight Ahead (1974)

Brian Auger's Oblivion Expressはイギリスの鍵盤奏者
Brian Augerによるフュージョン、ジャズ・ロック、グループです。
本作で彼はオルガンよりもエレピをメインに演奏し、
作風もお洒落フュージョンへイメチェンしています。
本来はジャズ・ロック寄りのアーティストなので、それを考えれば
このアルバムとそれ前後のアルバムはかなりイメチェンしています。

Tr.1"Beginning Again"当ブログのテーマでもある
「今聴いてもカッコイイ!」にズバリでまさにタイムレスな一曲。
出だしブラジリアン・ビートに乗ってパーカッションが
小気味よく入ってきます。そしてボーカルへ。
クールに淡々と歌ってるのがまた格好良いです。
そしていよいよエレピソロへ。ギターソロを挟んでまたエレピソロ。
さらにボーカルを挟んでまたエレピソロと、長めのソロですが
フレーズセンスが最高なので飽きる事なくサラッと聴けてしまいます。
ギターソロもビートに乗って流れるように爽快に弾いています。
なんとも心地よいブラジリアン・フュージョン。
約9分半があっという間に過ぎてしまいます。
コード感もまた良いですね~♪オシャレです♪
それにしても74年でこのサウンド!!全く古さを感じさせない
新鮮さを保っています!Tr.3"Straight Ahead"コンピアルバムに
収録されてる事でも知られるジャズファンク・チューン。
ワウギターとエレピのバッキンク、ベース、ドラム、
どれをとっても格好良いです。これぞジャズファンクって感じですね。
ここでもエレピソロをノリノリで弾きまくってます。
Tr.4"Change"パーカッションやギターがラテン・ロックしてますね。
ここではお得意のオルガンをフィーチャーしています。熱めの
ボーカルもMaloAztecaみたいでカッコいいです。
Tr.5"You'll Stay In My Heart"哀愁たっぷりに歌う
ボーカルにエレピが優しく奏でるアフターアワーズ・チューン。

曲数が少ない気もしますがその分、内容は濃いと思います。

※前置き部分の記事をこちらへ移動しました↓
http://70sgroove.blog49.fc2.com/blog-entry-26.html

※2008/10/15の記事です

商品の詳細はこちら



Comment

購入しました!

70sgrooveさんの解説読んで試聴のうえ即Amazonで購入いたしました。
いいですね~淡々とクールで、ピロロン・ポロロン、エレピのソロが心地いいです。暫くはヘビーローテーション入りしそうです。
ワウギター・フルート抜きでも最高のアルバムです。ご紹介感謝します。どうやらまだまだ僕の知らない宝は山ほどありそうですね。

僕はどちらかと言えばインストが好きなんですが、70sgrooveさんお勧めのエレピ・ワウギター・フルートのインストものがあればご教授願えませんか?よろしくお願いします。

  • Wah Wah Watsonson [#-] |
  • URL |
  • 2011 03/26 (Sat) 10:28
Wah Wah Watsonsonさん

お忙しい中、コメントありがとうございます!

>解説読んで試聴のうえ即Amazonで購入いたしました。

Amazonクリックして下さったのですね!
誠にありがとうございます。感謝です! m(_ _)m

>暫くはヘビーローテーション入りしそうです。

曲数は少ないですが良いアルバムですよね♪
特に"Beginning Again"はエレピ弾きまくってますし、
いつ聴いても新鮮に感じます。

>お勧めのエレピ・ワウギター・フルートのインストもの

このブログでレビューした物でもアルバム中1、2曲なら割と
あると思うのですが、アルバム通してエレピ・ワウギター・
フルートのインスト、もちろん内容が良い物・・・ですよね。。
んむむ、かなり悩みます。(汗&笑)
全てとはいかなくても、これらの条件がある程度揃っている
堅そうな所ですとフルート奏者の70年代の作品とかでしょうか。
この辺りですと確実にフルート、エレピは入ってきますよね。
Hubert Lawsの"Chicago Theme"('74)や"Romeo & Juliet"('76)、
"Land of Passion"('79)なんかはストライクかと。。
私はこのお方の70年代作品がど真ん中です。
Herbie Mannの70年代前半~中頃の作品も良いですね。
作品数が多いので断片的にしかアルバムを持っていませんが
フルートとエレピの絡みが結構あります。
Bobbi Humphreyの作品ではMizell Brothersがプロデュースした
"Blacks And Blues"('73)、"Satin Doll"('74)、"Fancy Dancer"
('75)がお勧めな感じです。エレピよりもアコピメインですが。。
Art Webbの"Mr. Flute"('77)と"Love Eyes"('77)両方とも
良曲揃いでお勧めです。
Harold Alexanderの"Sunshine Man"('71)や"Raw Root"('74)
もかなり良いです。

既にお持ちの物もあるかも知れませんが、とりあえずパッと
思いついた物を簡単に挙げさせて頂きました。
エレピ・ワウギター・フルート・インストの要素が全て
揃ってる感じで無くてすみません。。ギター奏者や
鍵盤奏者の角度から探しても良い盤があるでしょうね。
他にも70年代の映画,TVサントラ辺りにエレピ・ワウギター
・フルートの組み合わせの曲が多そうな気がしますね。

今後もエレピ・ワウギター・フルートの入った盤を積極的に
ピックアップして行きたいと思います。
どうぞよろしくお付き合い下さいませ!

  • 70sgroove [#-] |
  • URL |
  • 2011 03/28 (Mon) 00:02
コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://70sgroove.blog49.fc2.com/tb.php/27-9bb77524 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

最新記事
記事一覧表示
CDストア
アマゾン
月別アーカイブ
プロフィール

70sgroove

Author:70sgroove
雰囲気のいい音楽が好きな
ただのリスナーです。
聴いて感じた事を素人の
視点で書いていきます。
ゆる~いブログなので
内容はありません。
詳しい情報は他blogさんに
お任せってことで・・・。
エレピ(フェンダー・ローズ
等)やアナログシンセ
(moog等)やワウギター
などのいかにも70年代な
音色がストライクです。
もちろん70'sだけでなく
60'sや80'sもあります。
最近の音楽が好きな方も
"新しい音楽"として
興味を持ってもらえると
嬉しいです。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
グダグダ日記

これ、つまらないものですが。。。
音楽レビュー以外の記事はこちらに引っ越しました。m(_ _)m

お気に入りリンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ランキングサイト
にほんブログ村 音楽ブログへ
人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。