1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. Hubert Laws / Romeo & Juliet (1976)
  4. フュージョン » 
  5. Hubert Laws / Romeo & Juliet (1976)
お知らせ
ご来訪下さり、誠にありがとうございます。
体調不良の為ブログの更新を休止しております。

別館「これ、つまらないものですが。。。」の方は更新しておりますので
もし、お時間ございましたらこちらの方も宜しくお願い申し上げます。
m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

Hubert Laws / Romeo & Juliet (1976)

「ちょこっとだけレビューNo.022」
以前、Ronnie Laws(sax)をレビューしました時にお兄さんの
Hubert Laws(flute)が好きと書きましたので、70年代作品の
中からお気に入りの一枚をピックアップしてみました。

Bob Jamesプロデュースによる本作の聴き所は、やはり
チャイコフスキーのクラシック曲をジャズファンク調に
アレンジした4."Romeo & Juliet"や、同じくジャズファンク・
アレンジの(David Pomeranz作)Barry Manilowヒット曲カバー
2."Tryin' To Get The Feeling Again"辺りでしょうか。

私の個人的な一推しは1,5,6曲目です。
1."Undecided"
CTI時代のBob Jamesが好きな方には堪らないジャズファンク。
5."What Are We Gonna Do?"
コーラスやフルートが抜群に爽快なフュージョン。
6."Guatemala Connection"
哀愁漂う、けだるい曲調ながら重厚なグルーヴと
クールなフルートが最高の一曲。

現在、再発CDは廃盤のようです。再CD化期待します。

≪アルバムの曲リストはこちら≫


↑2011/05/04の時点で5607円です。んー高いですね・・・(汗)
お手頃なお値段のお店でゲットして下さい。(謝)

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://70sgroove.blog49.fc2.com/tb.php/200-a8145ec1 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

最新記事
記事一覧表示
CDストア
アマゾン
月別アーカイブ
プロフィール

70sgroove

Author:70sgroove
雰囲気のいい音楽が好きな
ただのリスナーです。
聴いて感じた事を素人の
視点で書いていきます。
ゆる~いブログなので
内容はありません。
詳しい情報は他blogさんに
お任せってことで・・・。
エレピ(フェンダー・ローズ
等)やアナログシンセ
(moog等)やワウギター
などのいかにも70年代な
音色がストライクです。
もちろん70'sだけでなく
60'sや80'sもあります。
最近の音楽が好きな方も
"新しい音楽"として
興味を持ってもらえると
嬉しいです。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
グダグダ日記

これ、つまらないものですが。。。
音楽レビュー以外の記事はこちらに引っ越しました。m(_ _)m

お気に入りリンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ランキングサイト
にほんブログ村 音楽ブログへ
人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。