1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. Deodato / Love Island (1978)
  4. フュージョン » 
  5. Deodato / Love Island (1978)
お知らせ
ご来訪下さり、誠にありがとうございます。
体調不良の為ブログの更新を休止しております。

別館「これ、つまらないものですが。。。」の方は更新しておりますので
もし、お時間ございましたらこちらの方も宜しくお願い申し上げます。
m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

Deodato / Love Island (1978)

大ファンなのに、まだ一枚もレビューしてなかったDeodato。
ま、私の薄っぺらいレビューよりも他サイトさん等が詳しく紹介
されているので、書くのも気が引けてしまうのですが・・(汗)
でも、やはりクロスオーバーファンとしては紹介しない訳には
いかないでしょう!、、って事で。。

”エレピ”で考えるとCTI時代の作品が定番だと思いますが
”エレピ+お洒落”で考えると、やっぱり本作でしょうか。
70s、CTI以降のDeodatoはジャズファンク、フュージョンの
イメージが強く(70s後半以降はディスコ、ブラコンのイメージですね)
ブラジルを感じさせる作品があまり無いのですが、本作は珍しく
ブラジリアン・テイストを漂わせていて、極上のリゾート・ミュージック
に仕上がってます。それにしてもアレンジ!流石ですね~シビれます。
オシャレです。エレピ、シンセも相変わらず冴え渡っていて素敵過ぎ。
参加メンバーも豪華で、Larry Carlton(g),Harvey Mason(ds),
George Benson(g),Gordon Edwards(b),John Tropea(g)など。
Tommy Lipumaプロデュース。

1."Area Code 808"ギターカッティング&歪んだギターがロック的な
印象のフュージョン。それに絡むシンセ音がいかにも、この時代の音
って感じですね。2."Whistle Bump"ブラジリアン・ディスコフュージョン。
Deodatoサウンド全開でカッチョイイーー!!のですが、せっかく
盛り上がってきた所でフェードアウト・・・非常に勿体無いですね。
でも、アルバム未収録のロングヴァージョンでは
しっかりと7分半楽しませてくれます。エレピも格好いいです。
(コンピアルバム等は大抵ロングヴァージョンの方みたいです)
そして、このアルバムのハイライトとも言えるのが、3,4,5曲目の
メロウ3連発! EW&FのMaurice Whiteとの共作3."Tahiti Hut"
最高にメロウでトロピカルなブラジリアンフュージョン。ゆるーい
トロンボーンのメロディと、コロコロ転がるエレピ、さりげないスキャット・・
もう全身の力が抜けてしまいますね。。ビーチでのんびりと聴きたい1曲。
続けて4."San Juan Sunset"溶けるようなエレピと浮遊するギターが
絶妙な雰囲気を醸し出しているメロウ。
そして、極めつけの5."Love Island"出だしのトロットロなシンセリード
から完全にヤラレちゃいますね。3曲目同様の、柔らかいホーンと
スキャットのユニゾンで一気に南国リゾート気分です♪中間のエレピ&
ギターソロも良いし、ストリングスの雰囲気も素晴らしい。それにしても
何でしょう、この夢心地な音色。ウットリしっぱなしです。
7."Pina Colada" CTI時代を彷彿させる、お得意のジャズファンク。
ダイナミックな演奏に乗る、軽快なギターカッティングやグルーヴィーな
エレピが良い出来です。 ジャズ・スタンダードの8."Take The A Train"
メロウなグルーヴでトロピカルなアレンジが素敵です。

商品の詳細はこちら



Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://70sgroove.blog49.fc2.com/tb.php/117-61e8c945 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

最新記事
記事一覧表示
CDストア
アマゾン
月別アーカイブ
プロフィール

70sgroove

Author:70sgroove
雰囲気のいい音楽が好きな
ただのリスナーです。
聴いて感じた事を素人の
視点で書いていきます。
ゆる~いブログなので
内容はありません。
詳しい情報は他blogさんに
お任せってことで・・・。
エレピ(フェンダー・ローズ
等)やアナログシンセ
(moog等)やワウギター
などのいかにも70年代な
音色がストライクです。
もちろん70'sだけでなく
60'sや80'sもあります。
最近の音楽が好きな方も
"新しい音楽"として
興味を持ってもらえると
嬉しいです。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
グダグダ日記

これ、つまらないものですが。。。
音楽レビュー以外の記事はこちらに引っ越しました。m(_ _)m

お気に入りリンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ランキングサイト
にほんブログ村 音楽ブログへ
人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。