1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. Monika Linges / Floating (1982)
  4. クラブジャズ » 
  5. Monika Linges / Floating (1982)
お知らせ
ご来訪下さり、誠にありがとうございます。
体調不良の為ブログの更新を休止しております。

別館「これ、つまらないものですが。。。」の方は更新しておりますので
もし、お時間ございましたらこちらの方も宜しくお願い申し上げます。
m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

Monika Linges / Floating (1982)

おっと、本題を忘れるとこでした。今回は少し涼しくなってきた
この時期にピッタリな、いい感じのブラジリアン・ジャズもの。
Monika Lingesは同じドイツのブラジリアン・ジャズということで
しばしばKitty Winterと比較されてるみたいですが、確かに
鼻にかかったような歌い方やスキャットを多用する所なんかは
近いものがあると思います。本作ではエレピをフィーチャーした
メロウなブラジリアン・ジャズが聴けます。楽器の編成がシンプル
なのでエレピがいい感じで耳に入ってきます。

Tr.1"Too Fond Of Samba"はメロウながらも跳ねたリズムと
ブラジル音楽特有のコードワークが素晴らしいです。ここでは
エレピはバッキングに徹しています。Tr.2"Till We Get There"は
渋いスロウ・ボサナンバー。Monika Lingesの歌う切ない
メロディーと、やさしく転がるエレピソロにシビれます。垢抜けた
エレピの音色が美しいですね~。 Tr.5"Running"
切れ味の良いカッティングギターがリードする、グルーヴィで
クラブキラーなナンバー。Monika LingesのVoも冴えわたります。
Tr.8"The World Was Young"はジャズ・ファンク寄りの
ブラジリアン~ラテン・フュージョン。跳ねるエレピに、
くだっていくようなコード感が気持ちイイ!
その他、エレピが大活躍のスロウTr.6"La Danse du Coeur"
も良いですね~♪

※前置き部分の記事をこちらへ移動しました↓
http://70sgroove.blog49.fc2.com/blog-entry-10.html

※2008/09/28の記事です



Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://70sgroove.blog49.fc2.com/tb.php/11-a10789ae この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

最新記事
記事一覧表示
CDストア
アマゾン
月別アーカイブ
プロフィール

70sgroove

Author:70sgroove
雰囲気のいい音楽が好きな
ただのリスナーです。
聴いて感じた事を素人の
視点で書いていきます。
ゆる~いブログなので
内容はありません。
詳しい情報は他blogさんに
お任せってことで・・・。
エレピ(フェンダー・ローズ
等)やアナログシンセ
(moog等)やワウギター
などのいかにも70年代な
音色がストライクです。
もちろん70'sだけでなく
60'sや80'sもあります。
最近の音楽が好きな方も
"新しい音楽"として
興味を持ってもらえると
嬉しいです。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
グダグダ日記

これ、つまらないものですが。。。
音楽レビュー以外の記事はこちらに引っ越しました。m(_ _)m

お気に入りリンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ランキングサイト
にほんブログ村 音楽ブログへ
人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。