1. Top » 
  2. 2011年04月
お知らせ
ご来訪下さり、誠にありがとうございます。
体調不良の為ブログの更新を休止しております。

別館「これ、つまらないものですが。。。」の方は更新しておりますので
もし、お時間ございましたらこちらの方も宜しくお願い申し上げます。
m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

Maranata / Maranata (1978)

マニアックな盤の再発に熱心なVampi Soulレーベルから再発
されているウルグアイのグループによるジャズファンク名盤です。
相変わらずですが詳細はよく分かりません。んー困った。。(汗)
レーベルさん、もう少し解説や試聴を何とかして下さると有り難い
のですが・・・。情報が少ないとなかなか手が出ませんよね。。

で、アルバム通してCTI的または映画音楽的ジャズファンク・
ナンバーがズラリと並びます。一応、78年となっていますが
音の質感やアレンジに70年代前半の香りがプンプンです。
随所で聴かれるエレピの音色が素敵過ぎますね♪

3."If You Leave Me Now" (Chicagoカバー)
リードのアコースティックギターと優しく転がるエレピに
癒されます。ファンキー路線の本作では異色のメロウ&ソフト。
5."Son For Father" (Horace Silverカバー)
『Song For My Father』
エレピや女性コーラスが効果的でお洒落なアレンジですね♪
6."Bahia" (Ary Barrosoスタンダード曲カバー)
『Na Baixa Do Sapateiro』
何処と無くDeodatoの"ツァラトゥストラはかく語りき"を
彷彿させるアレンジです。スペーシーな雰囲気や、エレピの
転がり具合がイイ感じですね。
7."Eloisa" (Totemカバー)
このグループの主要メンバーRoberto Giordanoが在籍していた
ウルグアイのロックグループTotemのカバー。スパイ映画に
出てきそうな渋いアレンジが堪りませんね。グルーヴィーです!
10."Carly Carola" (Deodatoカバー)
『Carly & Carole』
この曲が聴きたくてこのアルバムを買いました。原曲に忠実な
アレンジがナイスです!!メインのエレピも美しいですね。
Deodatoのプレイとはまた違った良さがあって素敵です。

その他、エレピがコロコロ転がるメロウ・ジャズファンク
2."Le Lis" (Billy Cobhamカバー)、骨太グルーヴが格好良い
4."Primal Scream" (Maynard Fergusonカバー)、
9."Angeles De Charlie" (Charlie's Angelsテーマ曲カバー)、
スリリングな11."Maranata"など。

1."Tema Sobre Campo" / 8."El Ladron"

≪アルバムの曲リストはこちら≫



スポンサーサイト

Art Webb / Mr. Flute (1977)

「ちょこっとだけレビューNo.021」
今回はフルート物の名盤です。
フルートといえば、このブログで紹介する作品の中でも
重要な役割を担っている事が意外と多く"70年代お洒落音楽"
には欠かせない楽器だと思いますがいやはや、フルート物の
名盤は?と聞かれるとスラスラ出てきません・・(汗)フルート
フェチの方、ぜひお勧め作品を教えて頂けると有難いです。

本作はフルート奏者Art Webb(主にジャズ/フュージョン
方面のセッション・ミュージシャンとして活躍)のリーダー作品。
プロデュースを手掛けるPatrick Adamsの手腕が光るソウル/
フュージョン・アルバムです。

ジャズロック調の曲7."Melon Grove"以外は、全編ディスコ/
ソウル・インスト曲で構成されており(少しコーラスが入ります)
ダンサブルでありながら程好いメロウテイストが、お洒落音楽
ファンの心をくすぐります。存分にフィーチャーされたフルート
は抜群に素晴らしいですし、キャッチー&風通しの良い曲ばかり
ですので聴きやすいかと思います。
私の好みですとメロウグルーヴの1."Mr. Flute"、2."Dobie"
爽快なディスコ5."Come And Get Some Of This"辺りが
特にグッときます。

3."Good Times In Life"

≪アルバムの曲リストはこちら≫



Brian Auger's Oblivion Express / Reinforcements (1975)

このお方の作品は、以前レビューした"Straight Ahead"('74)
"Happiness Heartaches"('77)、そして今回レビューの本作が
"お洒落音楽"ファンの私には家宝クラスの愛聴盤でございます。

1."Brain Damage"
シンセのフレーズが何とも印象的なジャズファンク・ナンバー。
エレピ,シンセ,オルガンを弾きまくるBrian Augerのプレイは
キレキレに冴え渡っていて、この時点でもう鼻血ブーな感じなの
ですが、ギター,ベース,ドラム,パーカッションのグルーヴィーな
演奏がこれまた格好良い。
2."Thoughts From Afar"
浮遊感が心地良いスピリチュアルなメロウ・ナンバー。
スペイシーなシンセと優しく転がるエレピも素敵ですね。
3."Foolish Girl"
軽快なソウル/ファンク・ナンバー。
4."The Big Yin"
スピード感溢れる爽快ソウル・ナンバー。オルガンソロが抜群に
格好良いですね。夏のドライブに聴きたい一曲です。
5."Plum"
トロピカルな曲調のメロウソウル。3,4,5曲目はクロスオーバー・
ファンだけでなくフリーソウル・ファンの方にもお勧めです。
ボーカルも素敵ですので是非!
6."Something Out Of Nothing"
エレピフェチの視点からだと、このアルバムのハイライトは
間違いなくこの曲でしょう!!軽快なリズムの上を踊るように
転がるエレピに完全ノックアウトです。清涼感溢れるフルートと
スキャットも実にお洒落ですね~。ブラジリアンフュージョン
傑作曲です!!
7."Future Pilot"
ミドルテンポのジャズロック・ナンバー。

"今聴いてもカッコイイ"大充実のブルーアイドソウル/
フュージョン名盤です。

≪アルバムの曲リストはこちら≫


これ以外にも多数のバージョンでCD化されています。

ブログ再開します

この一ヶ月、ブログをお休み(自粛)していました。
日本が大変な事になっているのに、決して有益とは言えない
グタグタな内容のブログを更新するのが申し訳なくて・・・。
いつもヘラヘラ薄ら笑いのキモいワタクシですが、
正直この一ヶ月は心から笑う気になれませんでしたね。。。
この度の巨大地震で被災された方々に心よりお見舞い
申し上げます。一日も早い復興を願っております。m(_ _)m

そして、一ヶ月以上も更新していなかったにも関わらず
訪問して下さった方々、誠にありがとうございます!
おかげ様で、「更新しなければ!」と思うに至りました。
近いうちにブログを再開します。相変わらずの"全く為に
ならない解説"ですが、どうかお許し下さい。
今後ともどうぞ宜しくお願いします。m(_ _)m

Page Top

最新記事
記事一覧表示
CDストア
アマゾン
月別アーカイブ
プロフィール

70sgroove

Author:70sgroove
雰囲気のいい音楽が好きな
ただのリスナーです。
聴いて感じた事を素人の
視点で書いていきます。
ゆる~いブログなので
内容はありません。
詳しい情報は他blogさんに
お任せってことで・・・。
エレピ(フェンダー・ローズ
等)やアナログシンセ
(moog等)やワウギター
などのいかにも70年代な
音色がストライクです。
もちろん70'sだけでなく
60'sや80'sもあります。
最近の音楽が好きな方も
"新しい音楽"として
興味を持ってもらえると
嬉しいです。

カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
グダグダ日記

これ、つまらないものですが。。。
音楽レビュー以外の記事はこちらに引っ越しました。m(_ _)m

お気に入りリンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ランキングサイト
にほんブログ村 音楽ブログへ
人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。