1. Top » 
  2. 2010年08月
お知らせ
ご来訪下さり、誠にありがとうございます。
体調不良の為ブログの更新を休止しております。

別館「これ、つまらないものですが。。。」の方は更新しておりますので
もし、お時間ございましたらこちらの方も宜しくお願い申し上げます。
m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

Spiteri / Spiteri (1973)

「ちょこっとだけレビューNo.016」
詳細はよく分かりませんが、ベネズエラ出身のグループによる
ラテンロック作品。今年CD化された物で、レアグルーヴ好きの
血が騒ぎ?思わず買ってしまいました。。
雰囲気としては同時期のBlack Sugar、Tierra、El Chicano
辺りに近い感じでしょうか。熱い演奏ながらもクールさもあって
実にセンス良いですね。特にフルートとパーカッションが
よく効いていて、歪んだギターやアコースティックギターとの絡みも
ナイスですね。サイケな香りがプンプン充満の一枚です♪
ちなみに今回のCD化に際し、デモ音源など8曲がボーナストラック
で追加収録されています。

1."Campesina"
ファンキー&サイケなラテンロックナンバー。
ボーカル&コーラスもかなり格好良いです。夏の海が似合いますね。
13."I'm A Man" (The Spencer Davis Groupのカバー)
ボーナストラックからの一曲ですが、何故かこの曲だけテイストが
全く違います。重厚なビートにホーンやエレピ、ソウルフルなボーカル
を配したラテン・ジャズファンクで、もぅ堪りませんね。最高です!!!
もし本編で全曲このテイストだったら悶絶モノです。(汗)

他にも、後半のスピード感溢れる展開が渋い3."Monday Morning"
や、ロック色強めな5."Don't You Look Behind"、
アコースティックギター&ボーカルが哀愁を誘う
6."No Time for Hesitation (O Mai O Mai)"、
押しの強いこれぞラテンロックな9."Piroro"辺りも好きです。
ラテンテイストの70sロックとして純粋に良いアルバムだと思います。



スポンサーサイト

夏に聴きたい曲集

ご無沙汰しております!約一ヶ月ぶりの更新です。
夏バテ休暇で更新が滞ってしまいスイマセン。(汗)

気分転換に今回はアルバムレビューでは無く、
夏がよく似合う爽快な曲集をお送り致します。
まとまりのない選曲で恐縮ですがご容赦下さい。
(いつもながら拝借先youtube等の投稿者様、感謝です)

~訪問して下さった皆様へ~
残暑お見舞い申し上げます。まだまだ暑い日が続きますが、
くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。m(_ _)m

当ブログのダイジェスト版
『夏に聴きたい曲集 その2 (まとめ編)』
もぜひどうぞ!


≪曲名/アーティスト名≫


まずはブラジル方面から、、

1. Fato Consumado / Milton Banana Trio
from"Milton Banana"('75)
Djavanの名曲をトロピカル&メロウにアレンジしたフュージョン・
ナンバー。エレピの音色が何とも心地良いですね~♪
ちなみにベスト盤の"Balancando 2"('76)※再発CD廃盤、や
コンピCD"Samba Soul 70"にも収録されています。

2. Simbarere / Antonio Carlos & Jocafi
from"Cada Segundo"('72)
爽快というよりも熱気ムンムンのラテンナンバーですが
荒削りなファンキーさが最高に格好良いです。

3. El Musiquito / Aldemaro Romero
from"El Fabuloso"('71)※再発CD廃盤
センス抜群な名曲が数多くあるこのお方の中でも特に人気の高い一曲。
グルーヴィーな曲調に爽快なピアノ&コーラスが映えますね♪
≪アルバムの曲リストはこちら≫

4. Samba Do Malandrinho / Dom Salvador
from"Som, Sangue e Raca"('71)※再発CD廃盤
全体的に賑やかなファンク/ソウル/ブラジリアン・アルバムなのですが、
この曲はとびきりメロウ。エレピの音色が堪らなく美しいです。
≪アルバムの曲リストはこちら≫

5. Ja Estou Aqui / Ed Lincoln
from"Ed Lincoln"('68)※再発CD廃盤
ダンサブルで陽気な曲がズラッと並ぶ名盤から、この曲をピックアップ
しました。ホーンのフレーズがとても好きです。後半に出てくる
笑い声も印象的ですね。
≪アルバムの曲リストはこちら≫

6. Comanche / Jorge Ben
from"Negro E Lindo"('71)※再発CD(14CD-BOXセットに収録)
Ben様にしては割とクールなサンバソウル。
ジャジーな味付けとエレピの渋い音色が格好良いです。

7. Batuque / Joao Donato
from"Donato deodato"('73)※再発CD廃盤
Deodato流アレンジ炸裂なブラジリアン・フュージョン。
柔らかいホーンに、エレピ、ワウギター、等々.....。
グルーヴィーながらもサウダージ感溢れるメロウな雰囲気&
演奏。どれをとっても一級品です。"Nao Tem Nada Nao"
フュージョン・ヴァージョンといった感じでしょうか。
ちなみにこのアルバム、Joao Donatoの作品というよりも
Deodatoの作品と言った方がしっくりくるかも知れません。。
≪アルバムの曲リストはこちら(ジャケ&曲順違いヴァージョン)≫


ジャズ/フュージョン方面へ少々、、

8. Brazilian Tapestry / George Muribus
from"Brazilian Tapestry"('76)※再発CD発売中
Deodato作、Astrud Gilbertoの名曲カバー。爽快ブラジリアン・
ジャズ/フュージョン。George Muribusのエレピプレイ、吠えまくり
のサックス、軽快なパーカッション等々、聴き所満載な一曲です。
≪アルバムの曲リストはこちら≫

9. Pauvre Star / Cortex
from"Pourquoi"('78)
このブログでは1st2nd作品をレビューしましたが、これは3作目に
収録の一曲。あと、CD化された未発表作"Inedit'79"を合わせると
Cortexの作品は全部で4作でしょうか?私、よく判りません。。(汗)
(マニアの方なら詳細をご存知かと思います)それにしてもこのエレピ
の存在感。Cortex=エレピという私のイメージそのまんまの曲。
スキャットとの絡みもイイですね~。爽やかなメロウフュージョン。


続きましてラテン方面へ、、

10. Ouelele / Marius Cultier
from"Ouelele Souskai"('75)
フレンチカリビアン鍵盤奏者による名盤よりピックアップ。
エレピもコロコロと心地良いラテン・ジャズファンク。とても
ナイスなアルバムなので是非ともレーベルさん再発CDお願いします!!

11. Eh Eh Pachanga / Mazacote
from"Shukandu"('73)
ラテンファンだけでなくレアグルーヴファンの心もくすぐる一枚より。
こういうラテン/ジャズ/ソウル的な曲、モロにツボです。
エレピもなかなか効いてますね♪

12. Coco Seco / Bobby Valentin
from"Rey del Bajo"('74)※再発CD廃盤
ファンキーなアレンジ&演奏が最高に格好良いラテングルーヴィー。
こちらもレアグルーヴファンの方に受けが良いかと思います。
≪アルバムの曲リストはこちら≫

13. Ramon's Desire / Francisco Aguabella
from"Hitting Hard"('77)※再発CD廃盤
哀愁を帯びたラテンソウル・ナンバー。
ファルセット・ボーカル&スキャットも素敵ですね♪
大御所パーカッション奏者のラテンソウル/アフロキューバン・
アルバムより。ちなみに前回レビューしたMALOのアルバムにも
2作目~4作目に参加しています。レアグルーヴファンの方もぜひぜひ。
≪アルバムの曲リストはこちら≫

14. Leve Leve / Pierre Maizeroi
from"Salsa"('79)※再発CD発売中
哀愁漂う切ない曲調がド真ん中ですね♪クリーンな音色のギター
カッティングがとてもスムースで夏らしい爽快な一曲です。
ここでのエレピソロは凄くイイ! "Salsa"というタイトルですが
アルバムの内容はサルサっぽくありません。カリビアン~ブラジリアン
作品といった感じです。エレピも随所に出てきます。


再びブラジル方面を少々、、

15. Daquilo Que Eu Sei / Ivan Lins
from"Daquilo Que Eu Sei"('81)※再発CD廃盤
夏の終わりの夕暮れ時がよく似合う(私の勝手なイメージですが)
メロウナンバー。美しくも切ないメロディが絶妙な雰囲気を
醸し出しています。Juntos('84)に収録されたPatti Austinを
フューチャーしたバージョンもゴージャスアレンジで素敵です。

16. Nega de Obaluae / Erica - Chiquinho et Les Show Rio
from"Brazil 77"('76)※再発CD廃盤
Wandoのサンバソウル名曲をスピード感溢れるアーバン・アレンジで
カバーした人気曲。ギター、ホーン、ピアノ等のメリハリの効いた
演奏が実にお洒落。Ericaさんのボーカルも素晴らしいです♪


お次はAOR方面へ、、

17. Waitin' On You / Jimmy Messina
from"Oasis"('79)※再発CD発売中
やっぱりこのアルバムは夏の必需品でしょう!
その中でも、抜群にトロピカルな一曲をチョイス。
≪アルバムの曲リストはこちら≫

18. Veux Tu Danser / Boule Noire
from"Il Me Faut Une Femme"('79)※再発CD発売中
フレンチカナディアンAOR/ソウル/デイスコ・アルバムより、
メロウでトロピカルな好曲を。ほんのり哀愁があって良いですね。
再発CDはAimer D'Amour('78)とのカップリングで発売中です。
≪アルバムの曲リストはこちら(11曲目~16曲目)≫


最後はディスコティックなのを何曲か、、

19. On The Town / Webster Lewis
from"On The Town"('76)※再発CD発売中
ラテンテイストのディスコフュージョン。
華やかなストリングス&ホーン、鮮やかなピアノ、軽やかな
女性コーラス等々、Salsoulサウンド的で格好良いですね。
≪アルバムの曲リストはこちら≫

20. Turn the Music Up! / The Players Association
from"Turn the Music Up!"('78)※再発CD発売中
ギターカッティングやホーンが最高に爽快でグルーヴィー!
ディスコ人気曲。夏のドライブには欠かせませんね♪
再発CDはThe Players Association('77)とのカップリングで発売中です。
≪アルバムの曲リストはこちら(7曲目~12曲目)≫

21. C'est Magnifique / Santa Esmeralda
from"Don't Be Shy Tonight"('80)※再発CD発売中?
名カバー"Don't Let Me Be Misunderstood 悲しき願い"('77)
が特に有名ですが、こちらの曲も私には堪りません。
随所にセンスの良いラテンフレーバーが散りばめられていて
とても好きです。 ラテンディスコ・ヒット曲。
≪アルバムの曲リストはこちら≫


という訳で、全部で21曲お送りしました。
少しでも夏の疲れが癒されれば幸いです♪
最後までお付き合い頂きありがとうございました!!
次回は通常アルバムレビューに戻ります。

Page Top

最新記事
記事一覧表示
CDストア
アマゾン
月別アーカイブ
プロフィール

70sgroove

Author:70sgroove
雰囲気のいい音楽が好きな
ただのリスナーです。
聴いて感じた事を素人の
視点で書いていきます。
ゆる~いブログなので
内容はありません。
詳しい情報は他blogさんに
お任せってことで・・・。
エレピ(フェンダー・ローズ
等)やアナログシンセ
(moog等)やワウギター
などのいかにも70年代な
音色がストライクです。
もちろん70'sだけでなく
60'sや80'sもあります。
最近の音楽が好きな方も
"新しい音楽"として
興味を持ってもらえると
嬉しいです。

カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
グダグダ日記

これ、つまらないものですが。。。
音楽レビュー以外の記事はこちらに引っ越しました。m(_ _)m

お気に入りリンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ランキングサイト
にほんブログ村 音楽ブログへ
人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。