1. Top » 
  2. 2010年01月
お知らせ
ご来訪下さり、誠にありがとうございます。
体調不良の為ブログの更新を休止しております。

別館「これ、つまらないものですが。。。」の方は更新しておりますので
もし、お時間ございましたらこちらの方も宜しくお願い申し上げます。
m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

Marc Moulin / Placebo Sessions (1971-1974)

エレピ&シンセ・フェチには堪らない激渋グルーヴを。

本作は、ベルギーの鍵盤奏者Marc Moulin率いるジャズファンク
/ジャズロック・グループPlaceboのベスト盤で、"Ball of Eyes"
('71)、"1973"('73)、"Placebo"('74)の3枚から、それぞれ
選曲されています。エレピやシンセを主体とした、この先進的な
サウンドは、ジャズ・ヒップホップとも言えそうなぐらい
時代を先取っています。

強力なエレピに奇抜なシンセ、切れ味鋭いホーン隊、タイトな
ドラム、ひたすら刻むリズムギター、等々。 どこまでも
クールな演奏が素晴らしいです。でも特筆すべきはアレンジ!
ナイスですね~。音の入れ方、組み立て方などもぅド真ん中です。
是非、真夜中にニヤニヤ?しながら聴いて欲しい一枚です。

ちなみにMarc Moulinはジャズフィールドでよりも、テクノポップ
・グループTelexのメンバーとしての方が有名なお方みたいですね。

2."Humpty Dumpty"('71)エレピやホーン隊、ドラム等の淡々と
した演奏がジワジワ効いてくる激渋ジャズファンク。
DJキラーチューンの5."Balek"('73)は、奇抜なシンセが印象的な
ジャズファンク。切れ味鋭いホーン隊や、転がるエレピもイイ感じ
ですが、なんといってもドラム!カッコイイ音ですね。
ダンサブルなジャズファンク6."Only Nineteen"('73)
ハイ、来ました!出だしのベースラインでもう既にノックアウト寸前。
そして、ノリまくりのエレピプレイで完全にKO。渋いアレンジに
脱帽です!ん~メチャカッコイイなぁ。。
8."Temse"('73)ループするエレピと、ビシビシ来るドラム&ホーンが
印象的で、クールさとファンキーさのバランスが絶妙ですね♪
ラップをそのまま乗せても全く違和感無いんじゃないでしょうか。
9."Stomp"('74) 5曲目と同テイストのナイスグルーヴで、
各楽器アンバランスにも思える前衛的な渋いアプローチが光ります。
10."Polk"('73)ループするバックの演奏の上をエレピが縦横無尽に
コロコロと。。粘っこいリズムに乗る軽快なエレピが堪りません!
13."S.U.S."('74)スリリングでクールなジャズファンク。70sならではの
この空気感がモロにタイプです。B級映画で流れていそうですね。
15."Bosso"('74)高速ブラジリアンフュージョン。んむむ、凄い
グルーヴですね、圧倒されます。刻みまくりのカッティングギターや、
存在感のあるエレピのバッキングもキマッてます!個人的には
本作のベストトラックかと思います。

その他、哀愁漂うジャズファンク1."Aria"('71)や、緊迫した演奏と
ワウの効いたエレピが渋い3."Planes"('71)、スピリチュアルな
4."Showbiz Suite"('71)7."Phalene"('73)、ブルージーなアコギ
をフィーチャーしたジャズ11."N.W."('74)、意外と正統派?な
ジャズファンク12."Dag Madam Merci"('74)、アブストラクトな
14."Plotseling"('74)

現在、CDは廃盤のようです。それぞれアルバム毎CD化される事を
期待します。※9曲入りの"Placebo Years 1971-1974"の方は
コピーコントロールCDです。お間違えの無いように。。。
(CCCDは、プレーヤーに過度の負担をかける為オススメ
できません..,..)(;´∀`A

アルバムの曲リストはこちら

2011/11/23追記:
ついに"Ball of Eyes"('71)、"1973"('73)、"Placebo"('74)
の3枚がCD化されます!!!





スポンサーサイト

Herbie Hancock / Magic Windows (1981)

「ちょこっとだけレビューNo.014」
この前、くらっきんさんのブログ『Mellow & Groove Station』
で、ご紹介されていらした"Ray Parker Jr.&Raydio /
Two Places At The Same Time"('80)
のレビューを読んで、
これはゼヒ聴き直さねば!と思い、久々にホコリまみれの
押入れに頭を突っ込んでみました。
(頭隠して尻隠さず、逆貞子状態。もちろんカンチョーし放題)
でも結局、お目当てのレコードは見当たらず.....(´・ω・`)
んーむ、、どうやら実家の倉庫のようですね。。無念。
(相変わらず、聴きたい時にスッと探せないという収納迷人ぶりを
発揮しております。それを考えるとネットはやっぱり便利ですね)

で、、代わりにRay Parker Jr.絡みの本作がMDの棚から出て
きました。しかしこれもレコードは見つからず........(´・ω・`)
恐らくレコードからMDに録音して、レコード本体は倉庫か、
何処かにやってしまったものと思われます。(;´∀`A

少し脱線してしまいましたが、本作では上記の
"Two Places At The Same Time"('80)に収録されている
Ray Parker Jr.とHerbie Hancockの共作"Tonight's The Night"
が再演されるなど、全体的にソウル/ファンク/ディスコ色の
強いアルバムになっています。お得意のヴォコーダーを封印?し、
Gavin Christopher(3,4,5), Sylvester(1), Vicki Randle(2)の
ボーカルをそれぞれフィーチャーしている辺りにもソウル/ファンク
ヘの傾倒&意欲がうかがえます。もはやジャズ/フュージョンの粋を
大きく超えていますが、超カッコイイです!!

本作でも相変わらずエレピ&シンセプレイが素晴らしいですね♪
よくよく考えてみれば、エレピフェチ以前からHerbie Hancockや
Deodato、Joe Sample、Chick Corea...などのエレピプレイ
には心躍らせていた訳でして。。ただ、その頃はエレピの音色に
ゾクゾクした!というよりもプレイテクニックに魅かれておりました。
(今はエレピが転がる盤であれば何でもナイスな感じですが)(汗)
何はともあれ、本作を久々に聴いてハービーの偉大さを改めて
感じております。んむむ、、他の作品も聴き直してみよう。。

一応簡単に曲紹介を・・・
1."Magic Number"インパクト大なシンセ使いにシビれる
ハービー流ファンク&メロウ・ダンサー。途中からラテン調ディスコ
っぽくなったり、エレピが粋にコロコロ転がったりと、聴き所
満載です。 2."Tonight's The Night"先程でも述べた
Ray Parker Jr.との共作で、こちらのヴァージョンはミョーンな
粘っこいシンセが印象的です。それにしても、この堪らんメロウさは
鉄板ですね。ボーカルも素敵♪ 4."Help Yourself"押しの強い
ファンク・ナンバー。ぶっとくゴリゴリ。カッコイイです!シンセの
入り方も絶妙で、もぅノックアウトですね。さすがですハービー先生♪
5."Satisfied With Love"、"Tonight's The Night"と同路線の
極上メロウ。溶けるようなグルーヴに美しいエレピ。。。(悦)
ちなみにMonster('80)に収録の"Making Love"も同テイストの
極上メロウで素敵です。

現在、再発CDは廃盤のようです。再CD化期待します。

商品の詳細はこちら



新年明けましておめでとうございます

皆さまのご健康とご多幸をお祈り申し上げます。
本年も何卒宜しくお願いします。(礼)


昨年のお正月は少しフライングしてしまいましたが、
今年はオフザケ無しで。。

今年の抱負は、このブログを少しでも継続する事です。
色々微妙な部分も多いですが、なんとか頑張りたいと思います。

ちなみに今年は珍しく、かなり遠出して初日の出を見に行って
参りました。もちろん徹夜です。眠すぎて殆ど記憶がありません。

到着するやいなや、ひたすら連写しました。

↑沈む月。

そして、ご来光を撮り忘れる大失態。(TДT)

ただ今、物凄い睡魔に襲われながらブログ書いてます。
相変わらず、飛んで行きそうなぐらい頭グイングイン回ってます。
いつもより余計に回しております。
謎のヨダレワッペンも大量生産中です。

そういえば、初詣はまだ行ってません。
恒例のおみくじが気になる所ではありますが、
今からオーストラリアにお参りするのはさすがにシンドイので
とにかく寝ます。

はたして今年こそ初夢は、一富士二鷹三茄子を
見られるのでしょうか?
理想はこんな感じ↓

見られるといいですね。

ではワタクシ、これから冬眠に入らせて頂きます。おやすみなさい。

Page Top

最新記事
記事一覧表示
CDストア
アマゾン
月別アーカイブ
プロフィール

70sgroove

Author:70sgroove
雰囲気のいい音楽が好きな
ただのリスナーです。
聴いて感じた事を素人の
視点で書いていきます。
ゆる~いブログなので
内容はありません。
詳しい情報は他blogさんに
お任せってことで・・・。
エレピ(フェンダー・ローズ
等)やアナログシンセ
(moog等)やワウギター
などのいかにも70年代な
音色がストライクです。
もちろん70'sだけでなく
60'sや80'sもあります。
最近の音楽が好きな方も
"新しい音楽"として
興味を持ってもらえると
嬉しいです。

カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
グダグダ日記

これ、つまらないものですが。。。
音楽レビュー以外の記事はこちらに引っ越しました。m(_ _)m

お気に入りリンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ランキングサイト
にほんブログ村 音楽ブログへ
人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。