1. Top » 
  2. 2009年07月
お知らせ
ご来訪下さり、誠にありがとうございます。
体調不良の為ブログの更新を休止しております。

別館「これ、つまらないものですが。。。」の方は更新しておりますので
もし、お時間ございましたらこちらの方も宜しくお願い申し上げます。
m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

夏休みの宿題の日記は7月21日に全部書く(後編)

後編もツッコミ無し、内容無しで参りたいと思います。

7月9日
・苦手な掃除
掃除をする度、何をどこに片付けたか分からなくなってしまう自分。
そんな私が、全くヤル気無しのダルダル状態で掃除機をかけていた
時の事。たまたま置いてあったティッシュの箱に、掃除機の口が
当たったその瞬間、、ズボボボッッッ!!と、すさまじい勢いで
ティッシュを吸い尽くしてしまったのだ。まるで玄人女性の職人芸を
見ているかのような・・・いや、皆まで言うまい。
開けたてのティッシュがほんの数秒でカラに。恐るべき吸引力。。
挙句に掃除機はお腹一杯で詰まってしまった。。
何スかね、この自己中っぷり。 それにしても、どうしてこんなに?
ってぐらい、ちょっとグウタラしてるとすぐ部屋中ホコリだらけに
なるのだろう。も、もしかして知らない間に自分の口から、鼻から、
いや、ケツから出てるのか?

7月10日
・なぜリンスばかり余る、リンス在庫過多
シャワーを浴びていたら、シャンプーが切れている事に気付く。
詰替用リンスが5袋もあったので一袋丸ごと使ってリンスで頭を洗う。
その他、色んな所も洗う。体中洗った。体が異様なぐらい潤った。
が、いくら拭いても取れないこのヌルヌル感。なんか妙に居心地が
悪い。特に下半身。でもいい匂いがするのでまあいいか。

7月12日
・やっぱり犬が好き
近所のペットショップへ行く。とはいっても、うちのマンションは
ペット禁止。もちろんペットを飼う余裕も無いのだが、癒される為に
動物園感覚で行くのだ。早速、お目当ての犬コーナーへ。
店員さんにお願いして水谷豊似のチワワを抱かせてもらった。
かわいいワンコだ。男であるにも関わらず、母乳が出そうなぐらい
母性本能をくすぐられた。

7月13日
・ちょっと前のニュースから
テレビで下着泥棒のニュースをやっていた。
キャスターいわく「自宅から女性用下着1400枚を押収し、
その中には下着を鍋敷として使用するなど・・・」
って、オィー!!何スかそのこだわり!ってか有効活用!
決してマネしちゃいけないが、そんな人生完全燃焼、青春してるぜ!

7月17日
・Tバックに感謝
つくづくTバックは凄い発明だと思う。
おパンツとしての機能はほとんど果たしていないTバック。
でもTバックを穿いた女性が3割増しでいい女に見えてしまうのは
なぜだろう?いや、5割増しか。まさに魔法のアイテムだ。
私なら迷わずに、近くの美人より、遠くのTバック女だ。
いや、近くの美人にTバックを穿いてもらえば万事解決か。
しかし、Tバックを見る度に思い出す。
緑のタクシーにひき逃げされたあの時、奇跡的に無傷だったのも
高熱を出して生死の境をさまよったあの時、大事に至らなかったのも
全て、Tバックを片時も肌身離さず持っていたからに違いない。
それにしても、こんな小さな面積を縫い合わせる技術には驚きだ。
Tバックは間違いなく、ノーベル賞ものだ。

7月19日
・不毛な論議
「無人島に一つだけ持っていくなら何?」の答えを探していた。
お約束のネタではあるが、果たして何が正解なのか気になって
いたのだ。おそらく大抵の人は、自分の好きな物を挙げるだろうが・・
んーむ・・・難すぎる(悩)これは、彼女に「私と仕事どっちが大切
なの?」て聞かれた時の答え、あるいは「この服とこっちの服
どっちが似合う?」なんていう、めんどくさい質問の答えぐらい難しい。
結局、さんざん迷ったが一番好きなモノという事で
無人島にはTバックを持っていく事にする。

7月20日
・本格的な夏到来
あまりにも暑かったので我慢できず、アイスを買いにコンビニへ。
ガリガリ君がキーン来た、頭にキーン来た。わかっていたけど
やっぱりキーン来た。

7月22日
・皆既日食
少しぐらい前から皆既日食がどうのこうのと、やたらテレビで
やってるが、ちゃんとした皆既日食グラスで見ないと目がつぶれる、
などと耳にタコができるぐらい言っていた。クドイよもう。
アンタは母さんかよ。そんなこんなで結局、恐怖のあまり日食を
見る事が出来なかったのだ。恐るべしマスメディアの洗脳力。
なので、代わりに甘食をずっと眺めていた。そういえば甘食って
何故、昔からブラジャーパッドみたいな形なのだろう?
日食よりも甘食に興味が湧いた。

7月26日
・遠出して海水浴へ
海はいい。いつでも子供の頃に戻ったような気分になれる。
何もかも忘れて夏の海を満喫した。楽しかった。
夕暮れの海辺で綺麗なピンク色をした、イチジク浣腸の殻を拾った。
耳元にそっとイチジク浣腸をあてると波の音ではなく、バフッという
そよ風の音がした。便器の前で苦闘する情景を思い起こした。
楽しかった、何もかも。


次回はちゃんと通常レビューでお送りします。
スポンサーサイト

夏休みの宿題の日記は7月21日に全部書く(前編)

約2か月ぶりのグダグダ話です。
久しぶりなので何を書こうか迷い、これまでのグダグダ話を
読み返してみましたが、何じゃこりゃ!ってぐらいホントにくだらない
ですね。変な汗が止まりません。午前2時半ぐらいのテンションで
読む事をお勧めします。

で、今回も懲りずにやっちゃいます(汗)
ここ最近の出来事を夏休みの日記風に書いてみました。
それにしても小学生の頃の「夏休み」ってそんな毎日毎日書くほど
大した出来事無くて、40日連続カブトムシ採りって書いた記憶が・・
もちろん、カブトムシ苦手です。ってか、飛ぶモン全部怖い。

6月20日
・夏はやっぱりヒマワリ
ヒマワリが好き。なんか「天然な子」な感じがいい。
という訳で、さっそくアサガオの種をコンクリートの隙間に植える。
ど根性大根みたいにタフなアサガオとして育てるのだ。
わんぱくでもいい、たくましく育って欲しい。

6月25日
・梅雨の季節
このところ雨の降りそうな微妙な天気が続く。天気予報を見たら、
お天気お姉さんが「梅雨前線がなんかしてきますので...」
と言っていた。「先生ぇ、男子がなんかしてくるんですけどぉ」
その「なんか」ではなく南下。

6月27日
・お腹が弱い私
相変わらず突然やってくる急激な下痢Pに見舞われる。
しかし肝心の正露丸はカラ。なんですとー!脂汗をかきながらも、
ようやく押し入れから別の正露丸を発見し震える手でむさぼり飲む。
完全に危ない人だ。しかしこの正露丸、全く効いてる気配が無い。
どうしたものか。。急遽ドラッグストアに正露丸を買いに行く。

少し解説しよう。私が飲んだのはラッパのマークでは無く、激安に
つられて買った別メーカーの正露丸で、どうやら私のお腹には
向いてないらしい。ドラッグストアに入ってから正露丸の棚までは
もちろん最短コースで、マラソンの給水所のごとく小走りで素早く
取る。そしてレジヘGO。ここまでは、ここまでは完ぺきだったのに。。

そう、レジに並んで待っていると、とてつもないビッグウェイブが
押し寄せてきたのだ。あと少し、頼む!あと少しだけもってくれ!
俺のケツ!必死に耐える。悶絶しながらひたすら耐える。
右手に握りしめた正露丸、左手に握り潰した千円札。
腰はカクカク、体はクネクネ変な動きが止まらない。誰か止めてくれ。
限界点はとっくに超えている。足なんかもう、つま先立ち状態だし。
おや?このクネクネした不気味な身のこなし、そして目をギョロギョロ
させ、引きつった顔。こ、これは!まさしく、ミスタービーン!どうやら
知らない間に「ウンコを我慢しながらバレエをするミスタービーン」
をマスターしていたらしい。しかしそんな事、今はどうでもいい。
ミスタービーンでもカルロスゴーンでも。

ってか前の客、早くレジ済ませてくれー!オ、オィ!オバサンよ!
そんな小銭ちまちま出すなよ、アンタは悪魔か!それに、店員さん
こんな時に限ってやたら丁寧な接客だな、アンタも悪魔かよ!
なんだバカヤロー、こっちはウンコ半分出てんだよ!などと毒づく。

その後なんとか乗り切り、無事にレジを済ませる事が出来た。
が、お店のトイレに駆け込んだのは言うまでもない。
こうして、なんとか再び平和を取り戻した。
平和の象徴、それは白い便器。

6月28日
・とにかく植える
前日の出来事でトラウマ確実な激安正露丸をコンクリートの
隙間に植える。ラッパのマークに生まれ変わって来るんだぞ。

6月29日
・大好物
ウコンという名前について考える。自然と大地の恵みウコン。
なぜにあなたはそんな紛らわしい名前なのか。
いや、それともウコンさんよりもウンコさんの方が後輩で
ウコン兄さんに何の断りも無く、勝手に名乗り出したのか。
謎は深まるばかりだ。私の大好物であるカレーにおいては、
ターメリックと呼ばれ欠かす事の出来ないウコン。
そんなウンコに思いを馳せながらカレーを食す。
いやウコンだ。もう本当に紛らわしいぜ。

7月4日
・昨日の常識は今日の非常識
スーパーのレジに並んでいた時の事。混んでいて、かなり待たされて
いたのだが、ようやくあと一人で自分の番に・・ってところで急に
小学生らしき子供が割り込んで来た。そして、その子供は私の方を
向いてこう言ったのだ。「やったぁー!」・・・このクソガキー!(怒)
ここは大人として頑固オヤジのごとく、ちゃんと注意せねば。。
しかし、ふと思った。いや、むしろ褒めるべきなのでは??
今のご時世、品行方正に育つより、ズル賢くとも要領の良い
生き方のほうが正解なんではないかと。。
わんぱくでもいい、世渡り上手に育って欲しい。
私も、要領良く人生をエンジョイしてみたいものだ。

7月5日
・足腰の強い人が好き
ウィリアムズ姉妹はたぶんサイボーグ。強すぎる。
たまたま中継を観ていて思った。

7月6日
・マヒしてしまうと何個食べても平気
梅雨で湿ったフリスクをコンクリートの隙間に植える。
湿って全くスースーしなくなったフリスクは、もはやフリスクでは無い。
お母さんそんなヌメッとしたフリスクに育てた覚えありません!
オセロの白に生まれ変わる事を期待する。

後編へ続く・・・

「1曲レビュー」 No.012-15 (Salsoul)

暑い日が続きますね。皆さんいかがお過ごしでしょうか?
私は完全に夏バテしてます。一応”夏オトコ”のはずなんですが
毎年10月まで夏バテしてます。毎回、船酔いする漁師さん
みたいなもんでしょうか。ま、グダグタ話は次回にするとして
レビュー行きますね。

今回はサルソウル・ファン、ディスコ・ファンにはお馴染みの盤を
何枚かレビューしたいと思います。本当は全曲紹介したい名盤ばかり
なのですが夏バテの為、1曲+αで書かせて頂きます。スイマセン!

No.012 "Runaway"
The Salsoul Orchestra / Magic Journey (1977)
最高にお洒落で爽快なグルーヴィー・ナンバー。
Salsoul Orchestraの名刺代わり的な一曲で、色あせる事の無い
傑作曲ですよね。何回聴いてもVincent Montana Jr.のヴィブラフォン
格好イイなぁ。もちろん、Loleatta Hollowayのボーカルも素晴らしい
です。ホントに、カラッとした爽やかさが何とも心地良いですね~。
大げさ過ぎないアレンジもイイ。その他、キューバのスタンダード曲
を、洒落たダンスアレンジにカバーした"Guantanamera"や、
Earth, Wind & Fireのインストカバー"Getaway"もゴージャスで
パンチがあっていい感じです。

商品の詳細はこちら

No.013 "Samba Funk"
Candido / Candi's Funk (1980)
大御所コンガ奏者CandidoがSalsoulより発表したアルバムに
収録の必殺ラテンディスコ・チューン!!以前、このブログでも紹介した
Carlos Franzettiによる曲で超ファンキーです!熱いです!
パーカッションを始め、ホーン隊、シンセなどのブッ飛んだ演奏が
激渋ですね。サラッと入る女性コーラスも良いアクセントになってます。
その他、同じくCarlos Franzetti作の"Super City"も良い出来で、
ジャジーな味付けがクールなラテンディスコ・ナンバー。途中から急に
カッコ良くなります。ちなみに、ディスコアルバムらしく1曲ずつが
長めなので4曲しかありません。

商品の詳細はこちら


No.014 "The Beat Goes On And On"
Ripple / Sons Of The Gods (1977)
クラブ・クラシックとしても知られる、スタイリッシュなディスコ。
軽快なビートに乗るワウギター、ストリングス、ホーンセクションなど、
サルソウルらしいアレンジが凄く素敵です。その他、グルーヴィーな
インストナンバー"Victorious"も、クロスオーバー好きには
堪りませんね。本作は、風通しの良い爽やかなダンスナンバー
中心の構成で、本来のファンク的な要素は殆ど残っていませんが
"Today"や"Sons Of The Gods"はアーバン・ファンクな感じで
ナイスですね。無駄な曲が無く、全曲素晴らしい名盤です。


No.015 "Rio De Janeiro"
Gary Criss / Rio De Janeiro (1977)
ラテン~ブラジリアン・ディスコ名曲!!
押しの強いブラジリアン・ファンク的な要素と、サルソウル的な
ディスコが絶妙にマッチしていてカッチョイイーー!!
グイグイくる感じのグルーヴに思わず体を揺らしてしまう事
間違い無しです!その他、ボサノヴァ・スタンダードの
"The Girl from Ipanema/Brazilian Nights" は、
夏っぽい清涼感溢れるディスコナンバーに。お洒落です!
ジャケットのように、一瞬にして南国リゾートへ行ってしまいそうな
名曲満載です。
※追記、2014/06/07
再発CD出ました!




「1曲レビュー」 No.009-11 (70sラテン系)

忘れた頃にやってくる1曲レビューです。本当はアルバム紹介
したいのですが、なかなか余裕がありません。。
ので、ほぼ1曲レビューって事でご容赦下さい(汗)

No.009 "Spirit Of Love"
Eddie Palmieri / Lucumi, Macumba, Voodoo. (1978)
必殺ラテンディスコ・ナンバー!!
NYラテン,サルサを代表する鍵盤奏者Eddie Palmieriが
ラテンファンク、アフロ、ディスコ色を強く押し出したアルバムで
その中でも際立ってインパクトのある1曲です。アルバム通しても
聴き応えのある濃い内容ですね。この人らしい、ある意味ごった煮
的なサウンドが格好イイです。熱いです!
他、"Highest Good"もディスコ寄りのダンスナンバーで素敵。


No.010 "New York, New York"
Jorge Santana / It's All About Love (1979)
親しみのあるギターのメロディが印象的なラテン・ディスコ好曲。
トロピカルなムードが最高に心地良いです!洒落たエレピソロ
がまたイイですね~。アルバムは、前作ほどポップでは無い
ですがJorge Santanaのギターが全面にフィーチャーされていて
格好イイです。アーバン・ラテンロック、ディスコって感じでしょうか。

関連記事
Jorge Santana / Jorge Santana (1978)

No.011 "When Sunny Gets Blue"
Joe Bataan / Bataaan!!! Soulman Del Barrio (1976)
ジャズ・スタンダード曲をディスコなダンサブル・アレンジで
聴かせるナイスな1曲。Salsoul('74)に収録されているヴァージョン
よりもラテン色薄めで爽快なソウルに。メロウグルーヴ好きには
堪らないですね。未発表曲をアルバムとしてまとめたもの
みたいですが、どの曲もクオリティが高いです!流石ですね。
Salsoulレーベル的なディスコナンバーをメインに良い出来です。

関連記事
Joe Bataan / Mestizo (1980)


Ocho / Ocho (1972)

久しぶりの更新です。どんどんペース落ちてます。
尻すぼみ感丸出しです(汗)いや、先細りか。まあとにかく
画面右側の”月別アーカイブ”を見ても厳しい状況ッスね。。
あぁ、でもなんか最近、どうもモチベーションが、、、ねぇ。。
(わっ、直球すぎる本音!)
んー、やっぱりマイケルショックなんですかね。
(関係無いよね、ただヤル気無いだけだよね!)

「ありがとうマイケル様!私は、あなたが大好きでした。
心よりご冥福をお祈り致します(合掌)」

・・・てな訳で、マイケルの急逝に涙をこらえつつ、
今月こそはマメに書こう!今月こそは・・と誓うのでした。。。

「ちょこっとだけレビューNo.010」
ラテンファンだけでなく、レアグルーヴ・ファンにも人気の名盤。
Chico Mendoza(key,vib)を中心としたラテングループの1st。
ファンキーでクールな黒いグルーヴ、そしてこの重厚感!
凄く格好いいんです!どの曲もオシャレで充実しています。

Silvestre Mendezの1."Oriza"ダンサブルなアフロナンバー。
ぶっといホーン隊と、エレピのクールなバッキングが渋いです!
一転して爽やかなラテンジャズの2."Flautira"軽快なリズムに
乗るフルートやエレピ、ヴィブラフォンが心地良~い、お洒落な曲。
やっぱりこのテのは無条件に大好物です。 ソフトなコーラスと
ジャジーなヴィブラフォンが印象的な5."Undress My Mind"
脱力系のゆるーいグルーヴがお洒落ですね。Jose Fajardoの
ラテンナンバー6."Ay Que Frio"トロピカルで爽やかなグルーヴ。
シャレたアレンジが今の耳でも新鮮ですね。思わず体を揺らして
しまう事間違い無しです! その他、陽気なラテンナンバーの
3."Suena tu Bongo"や、ヴィブラフォンのジャジーな味付けが渋い
7."Que Pelota!"、各楽器のノリの良い演奏が光るファンキーな
8."Coco May May"など。

商品の詳細はこちら



Page Top

最新記事
記事一覧表示
CDストア
アマゾン
月別アーカイブ
プロフィール

70sgroove

Author:70sgroove
雰囲気のいい音楽が好きな
ただのリスナーです。
聴いて感じた事を素人の
視点で書いていきます。
ゆる~いブログなので
内容はありません。
詳しい情報は他blogさんに
お任せってことで・・・。
エレピ(フェンダー・ローズ
等)やアナログシンセ
(moog等)やワウギター
などのいかにも70年代な
音色がストライクです。
もちろん70'sだけでなく
60'sや80'sもあります。
最近の音楽が好きな方も
"新しい音楽"として
興味を持ってもらえると
嬉しいです。

カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
グダグダ日記

これ、つまらないものですが。。。
音楽レビュー以外の記事はこちらに引っ越しました。m(_ _)m

お気に入りリンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ランキングサイト
にほんブログ村 音楽ブログへ
人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。