1. Top » 
  2. 2008年12月
お知らせ
ご来訪下さり、誠にありがとうございます。
体調不良の為ブログの更新を休止しております。

別館「これ、つまらないものですが。。。」の方は更新しておりますので
もし、お時間ございましたらこちらの方も宜しくお願い申し上げます。
m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます!
去年は本当にお世話になりました。
今年も適度に更新、頑張って参りたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。(礼)
(おぃ!まだ早いよ!ってか今年もう数時間しか無いよ!)

・・・で、さっそくおみくじですねー。
「凶。待人、来ず。失物、見つからず。恋愛、成就せず。
仕事・・・」はい、出ました、毎年このパターン!
ここ10年連続「凶」・・・(哀)でも"10年連続"って響き、
なんかカッコ良くない?ある意味奇跡だな、これ。
(何だよ、そのポジティブシンキング!ってか
オィー!フライング!フライングだってば!)

フライングぅ?何それ?
俺はフライングなんかしてないぞ!(怒)
あーもー頭来た!トラック上に大の字で寝てやるぅ!
あーメッチャ腹立つ!一歩も動かんぞ、マジで!
(てコラァー!何!その世界陸上ネタ!
しかもそれ、今年じゃなくて随分前だよね!
いや、そういう意味じゃ無くって、まだ年明けてないよ!
樹木希林だってまだ出てないでしょ!)
あれ?ホントだNOVAウサギ出てないね。
(てコラァーー!!それは違う意味で!!ってか
ちょっとフザケ過ぎでしょ、さっきから何だよこの茶番!)

もー、いいじゃんかよー。
どうせこんなイベントの日なんか誰も読んでないよ。
ほら、こないだのクリスマスだってヒドかったじゃん。
何なのさアレってぐらいヒドかったよねー。
わざわざ読んでくれた人スイマセーン!
なんかスイマセーン!(今、土下座してます)
だからこういう日は好き勝手書くの。
書きたい事書くの!ヒャッホー!

て事で、、、。 お歳暮に貰った新巻鮭と爆弾。
じゃなくてボンレスハム。
いや、ありがたいのはありがたいんだけどねぇ。。
さてどうしたものかねぇこれ。なんかここまで
堂々としてると食べる気が失せるっていうか・・・
かといってこのまま放置しておく訳にもいかないし。。

んー、そうだな、、新巻鮭は近所の公園の池にでも
放流するか。。いや、そりゃマズイな。瞬く間に
街のアイドルになって、アラちゃんグッズとか
アラちゃんの歌とか、しまいには住民票まで取得したり。
・・・やっぱボツだな。ってか、ただの魚の死骸だぞ。

これなんかどうかな。渋谷モ●イ像の口に新巻鮭。
くいしんぼみたいで悪くないね。ボンレスハムも口に
縦にブッ差せば、ハードボイルドでちょいワルに。
んー、でもなんかイマイチだな~。もう少しインパクト
欲しいやね。やっぱ定番の●宮金●郎像ですかね。
よし!さっそく行動開始だ!(よい子はマネしないでね)

まず、二宮くんのヒジの曲った部分に新巻鮭を
乗せてと、、本読んでる所ちょっとスイマセンねーと、、、
おぉ!なんか、ハトヤのCMの少年みたいだぞ!
いいねー、バッチリだよ。さてと、あとはボンレスハムか。。
そうだな・・まぁ、お約束だけど二宮くんの股間に
ボンレスハムと、、はぃ、殿方ちょいーと失礼しますよーと、、、
おいおい上向きはダメだろ。エロ本読んでるみたく
見えるから。絶倫みたいで憧れますけどぉ!
下向きにしてっと、、、。い、いや、これやっぱダメだな。
教育上良くないね。それに完全にイメージダウンだ。
誰もが尊敬する存在なのだ彼は。待ってて下さい!
ワタクシが責任を持って、今、旬で最もイケてる
漢(オトコ)にしてみせますから!(銅像に敬礼)

ってかさ、もー、どうするよこの爆弾、いやボンレスハム。
・・・まあいいや、背中の薪の所にでも乗っけとくか。
そいでもって、ボンレスハムから、ちょっとした
ねじれたロープを垂らしてと、、、ついでに
タンクトップも着せとくか。。いいオトコは大抵、
タンクトップ着てるっていうし。
(それ、どこ情報!二丁目だろ!)
おおぉ!!タンクトップにボンレスハム、いや、爆弾
背負ってる姿はまさにダイハードのマクレーン刑事!!

こうして少年の心を持ったタフガイが完成した。
間違い無く、世の女性が言う”理想の男性”でしょう。
ヤッター!これで今年やり残した事無いよね。
あっ、いつの間にやらこんな時間。家に帰って
ダウンタウン見よ。野球拳、野球拳♪
(いつの大みそかだよ!!)
スポンサーサイト

Roy Porter Sound Machine / Inner Feelings (1975)

いかにも70'sで渋くてファンキーなのを1枚。

ベテラン、ジャズドラマーRoy Porter
(dr,perc,vo)のブッとくて黒いジャズ・ファンクアルバム。
70'sらしい粘っこくて重厚なグルーヴに痺れます。
アルバム通してクールでハードボイルドな雰囲気が
漂っており、カッチョイイーー!!です!!
(やっぱりこの辺のサウンドがどストライクなんですね)
もちろんエレピも沢山出てきます。

Tr.1"Party Time"ドラムブレイクから始まる
典型的な70'sグルーヴィー,ジャズファンク。
チャカポコなワウギターに、コロコロ転がる
ソウルフルなエレピ、ぶっといベースなど。
Tr.2"Love You"ヘタウマなボーカルが妙に
心地良い、渋めなジャズファンク。
Tr.3"Panama"ホーン隊とフルートがリードを執る
哀愁のジャズファンク,フュージョン。バックのエレピも
盛り立てます。ベースやドラムもいい仕事してますね。
どこかホンワカした雰囲気もあって心地良いです。
Tr.4"Jessica"ヘタウマなボーカルやシンセリード、
ホーンセクションなどが絶妙にフィットしたジャズファンク。
各楽器のアンサンブルが素晴らしく、一体感がありますね。
クールでハードボイルドな雰囲気が堪りません!!
(前作"Jessica"('74)にインストヴァージョンが
収録されています)Antonio Carlos Jobim
"Wave"をモチーフにした、Tr.5"Waver-ing"
"Wave"のカバーは数あれど、これは凄いですね、ある意味。
センスの良いお洒落なジャズファンクに仕上がってます。
爽快なホーン隊に転がりまくるエレピ!
グルーヴィーで清々しい1曲。やっぱりこうゆう音、
大好きですねー。イイゎ~♪
(前作"Jessica"('74)に別ヴァージョンが
収録されています)Tr.6"Funny Feelin"
華やかなホーンセクションに哀愁漂うボーカルが
渋いメロウチューン。カッコイイですね~。
Tr.7"Out On The Town Tonight"
ホーンセクションがメインの哀愁系ジャズファンク。
合間に入るエレピソロ短いですがトロけます。

ひたすらクールでアダルトな渋~いサウンドに
惚れぼれします。



Judy Roberts / Nights In Brazil (1981)

爽やかな夏っぽいのを一枚。
え?今、冬ですけど・・って?(汗) でも、
そんなの関係ないよってぐらい素敵なアルバム。
どうしてもーって方は南国に持ってって聴いて下さい。

ジャズ・フュージョン系アーティスト
Judy Roberts(key,p,vo,arr)の3rd。タイトル通り、
ブラジリアン・フュージョンをメインにした作品で
風通しの良いサラッとした曲にソフトなボーカルが
心地良いお洒落アルバムです。どの曲も良い出来で
無駄な曲が無いですね。ナイスなアレンジです。

Stevie Wonder作、Michael Jacksonでお馴染みの
Tr.1"I Can't Help It"メロウでアーバンな曲。
優しく転がるエレピに温もりのあるギター、キュートな
ボーカルに、ポップなアレンジが心地良いですね。
浮遊するような雰囲気は原曲に近い部分がありますね。
Ivan LinsのTr.2"Common Ground"
清涼感溢れる美しいブラジリアン・ナンバー。
爽やかなアコースティックギターとピアノに癒されます。
原題は"Velho Sermao"で、この曲をPaul Winterが
カバーしたヴァージョンのカバー。ややこしいですかね。。
Tr.3"Ole"高速ビートに全編スキャットのブラジリアン・
フュージョン。特にスキャットとギターの高速ユニゾン、
ぶっとびます!(後半はベースも加わってさらに凄い)
とにかく、ノリにノッた演奏に脱帽ですね。
Tr.4"Nights In Brazil"叙情的なスロー。キラキラした
エレピに哀愁たっぷりなアコギ、切なく歌うボーカルなど。
Tr.5"Carnival In Rio"清涼感溢れるメロウ&
グルーヴィー。夏っぽい爽やかなアコギが耳触り良く
(Earl Klugh的で素敵です)ゆったりながらも
跳ねたリズムがいい感じですね。センスの良さが光ります。
Tr.6"Save That Time"アーバンでメロウな曲。
Tr.5同様、ゆったりした中にしっかりとグルーヴがあって
いい感じです。オシャレですね。エレガントなピアノソロ
も素晴らしいです。Tr.7"Two And A Half"
全編スキャットのファンキーフュージョン。ギターも
ハッスルしてます。Tr.8"Country Samba"
またまた全編スキャットのグルーヴィー,ブラジリアン・
フュージョン。軽やかなギターとキュートなスキャットが
絶妙にマッチした極上のお洒落サウンドです!
天気の良い日にドライブしながら聴いたら最高ですね。
Tr.9,Tr.10は、ジャズナンバー。

リゾート地なんかでゆった~り聴きたい1枚です。



Alive! / City Life (1982)

「ちょこっとだけレビューNo.003」
Alive女性5人組によるジャズグループ。
本作はブラジリアン寄りのジャズアルバムで
アップもスローも充実した、多彩でエレガントな
好盤です。時にパワフルに、時にしっとりした
演奏やボーカルがいい感じです。

グルーヴィーでエネルギッシュなTr.1"City Life"
ボーカル、パーカッション、ベースなどのホットな演奏が
いいですね。Tr.2"Diamond Are Where You
Find Them
"途中のスリリングなエレピから
フュージョン的になる渋い展開が格好良いです。
Viva BrasilTr.5"Skindo Le Le"クラブクラシック
として有名なグルーヴィー・ブラジリアン。
本作は、やっぱりこの曲に尽きますよね。
このコード進行にこのメロディ、思わず踊ってしまう、
口ずさんでしまうミラクルな曲。原曲が素晴らしいから
ってのもありますが、原曲の良さを活かしつつ
ジャジーでポップめなアレンジもセンスの良さを
感じます。エレピソロ短めですがかなり効いてますね。
名カバーです!!!その他、スインギーなTr.8など。



26日にクリスマスソングを聴くとなんか恥ずかしいのでたっぷり聴いておこう

ショッピングモールの入口にある
等身大の腰振るサンタさんと一緒に腰振って
踊ってたら変人扱いされました。でもいいんです♪

ケーキ買っちゃいました♪ムフフッ♪半額だったもんで。
(おい!アンタ昨日全否定してただろ!)
いいじゃんかよ~。サンタさんの形した甘~いお菓子は
一年に一度しか会えないんだからさぁ。
それにぃ甘いモンは別腹なのぉ。
(何だよそのOLさんみたいなへ理屈!
アンタが言うな!キモいよ!もー!)

「濃い人がサンタクロースぅ♪平井堅もサンタクロースぅ♪
カビラJもサンタクロースぅ♪とんこつをかかえ~て~♪」
(ってかもう最後、こってりだろ!
それにしても、なんかえらいご機嫌だな、
ってか、なんでパーティー帽被ってんの!
その右手のクラッカーは何!)
い、いやさっきコ、コンビニで、、、
ま、魔が差したっていうかぁ・・・
(っつーか、何でウチにクリスマスツリーがあんの!
昨日、クリスマス「●ソ」って言ってたろ!)

どう?これ素敵でしょ。エヘヘッ♪
(もー、どこから拝借してきたんだよこれ)
近所の雑木林から頂いちゃいましたぁ♪キャハッ♪
(コイツ腹立つ!何か腹立つわ!・・・・・でも本格的だね、
雪綿やチカチカ電飾を笹の葉に絡ませて、、、
っておい!これモミの木じゃなくて竹だろ!
ってか何で短冊吊るしてんの!!
もう完全に別のイベントと合体しちゃってるよね!!
それに何だよこの短冊!
「ニンテンドーDoS下さい」
ニンテンドーDoSって何!パチモンかよ!!
それとも何ですかぁ!
ドSな人とのホットラインですかぁ!!
ってゆーかもー何!この小学生みたいな願い事!!
ホントにクリスマス知ってんの?
今までクリスマスらしい事した事無いよね!?)

も、もちろん知ってるよ、それぐらい。。(汗)
バカにしてもらっちゃー困るね。
あ、あれだろ?なんかエラーイ人を祝う日・・だろ?(汗)
(大まかに言えば、ね)
あの人、見た目ちょっと変わってるつーか、かなり
インパクトあるよねー。最初見た時ゃドン引きだったねー。
(まあ、確かに古代の人だからね)
ほら、あれ!外国出身で何か教えてる人だよね。
(出身??教えてる?ってか布教だけど、まぁまぁ)
ぶりっ子だし、心は乙女ぇ?!ってオィーー!!
ってか、どー見たってオッサン・オブ・オッサンだろ!!
なんだかギラギラした亜門さんみたいだね。
それにしても最近よくテレビ出てるよねー。
(てコラァァーーー!!それクリス松村!!)

今日は何人が「ウチは仏教だから関係無いよ」と言うでしょう

小さい頃からクリスマスらしい事をした事が無いので
それほど思い入れも無い。サンタさんから何か貰った
記憶も無い。クリスマスとかって、彼女と大抵ケンカ
したりするしでロクな思い出が無い。

一人がやっぱいいやね~、あ~落ち着くわ~♪
だいたい、あのクリスマスプレゼントってヤツ何ですかね。
やたらと高くつくし、こっちで決めて買ってった日にゃ
センス無いだの何だのって非難ごうごうですよ。
昔は貰う事自体が嬉しかったりしてたと思うんですがね(怒)
(あらら、今日はご機嫌ナナメだね)
あぁー、なんか甘酸っぱーいのちょーだい!
青春よりも甘酸っぱいヤツぅ!!
ってかね、クリスマスなんてね、もー、●ソですよ!
(おぃ!暴言だぞ!)

そういえば朝から何も食べてないや。そうだ飯だ。飯食おう。
てな訳で近所のファミレスへ。。
すっかり浮かれ気味の小学生を横目に
もくもくとカレーを食べる。「ケーキもいいけどカレーもね♪」
(何だよその変なテンション!)
ファミレスの有線からは、山下さんの定番ソングが・・・
「兄は夜ふけすぎぃ~にぃ幸江と変わるだろぉ~・・」
あーもぅー!思わず一緒に歌っちゃたじゃんかよー。
ど、動揺するな、お、落ち着けオレ。な、なんてこたぁないよ。
夜中に女装癖があるお兄さんの歌だろ、これ。(汗)
(兄じゃなくて雨だよ、それベタだよ、スベッてるから)
・・・アァ~、クリスマスにダダスベりなんてカッコ悪過ぎるよ~。
中学生の覚えたてのオシャレぐらい残念だよ~。

結局お腹よりも、妙な疲労感いっぱいになったが、
気を取り直して!恒例のコンビニ行っときますか。
お約束のビールと柿ピー。それとピスタチオ。
それにしてもピスタチオの殻って、たまに間違えて
食べて「オェッ!」ってなる。酔ってると特に。
なんかさ~「ピスタチオむいちゃいました♪」
みたいなのないかなぁ。私だけなのかな?

あ、コンビニの有線からまたお約束のソングが。。
「クリスマスキャロルがぁ~流れる頃にわぁ~」
ど、動揺するな、と、とりあえず大声だ!アワヮワヮ~!!
何も聞こえなーい!ってかこれ、どうせ怖~い話だろ?(汗)
「あれー?なーんかおかしぃーな、なーんかおかしぃーな、
と思ってたら、あっちの方からザザァッーと、ザザァッーと、
クリスマスキャロルが流れてきたんですよ、でもそこには
・・・・・だーれーもいなかったんです」だろ?
(それ稲川淳二!つーか、さっきから現実逃避してない?)

家に帰ってきました。何か精神的な疲労感がドッと。。(悲)
ま、とりあえずテレビでも見るか。。
横になって腹をボリボリ掻きながらビールと柿ピーを。
やっぱこれだね~。超だらしのない光景だが最高に
リラックスできる。(ってか、オッサン丸出しだな、
おぃ、ヒジに柿ピー貼り付いてるぞ)

テレビからは、またお約束ソングが・・・
「恋人がサンタクロースぅ・・・」
そんなの知らんがな、えらいジジ専やな。
いや、今流行りの枯れ専ってヤツか?
「つむじからハゲてぇくぅ~」
ジジ専+ハゲ専かよ!?えらいピンポイントなマニアだな!
むしろなんか助かるんですけどぉ!
「背の高いサンタクロースぅ・・・」
そんなの知らんがな、そんなもんアンタが選んだんやろが。
屁のデッカ~いサンタさんなら、ここにおるけどな。ブッッ!!
ガッハハッ!(笑) (おいっ、また、屁こいただろ!
また危険な音色の屁こいただろ!何パンツ確認してんの!
何パンツ手もみで洗ってんの!!って何か泣いてないか?)
グスン、、そ、そんな事ないさ、虚しくなんてないさ(汗)
た、ただ、目がホコリに入っただけだよ・・・グスン、、あれ?
あれれ?屁が止まらんよ!(汗)ブッッ!ブッッ!ブリッ!
あっ!今、一瞬「聖者が町にやってくる」っぽかったぞ!
(てコラァァーーー!!!それに目とホコリ逆ぅ!)

さっきから何よもう!クリスマス、クリスマスってぇ!
ウチは、性なる夜でも何でも無いよ!
(字間違ってるよ、それオヤジギャグだよ、
そんな寒いギャグ言ったらホワイトクリスマスになるよ)
・・・あ、ちょっと待って下さい、、ドンずべりセヨ~
(あっギャグパクッた!苦し紛れにパクッたよ!)

あー、もー、くそー!こうなったら一人時間差攻撃だ!
(なんかヤケになってない?)
年越しソバ注文してやるぅ!!
「あ、ソバ二人前お願いします。はい、そう年越しソバ。
え?はい?そう箸2つね」
(何よ二人前、箸2つって!何、見栄張ってんの!)

しばらくしてソバ屋のオッチャンがやってきた。
「まいどー、ソバ二人前です、ありがとやーしたー」
「待ってぇ~~帰らんといてぇーーー
ウチ、寂しいやんかぁーー(泣)お願いだから!
せめて屁だけでも貰ってぇー、ブリッ!」
(ボォエ~~!!メチャメチャキモイよ!!
ってかそんな危険物いらんよ!!)

George Benson / Livin' Inside Your Love (1979)

色気たっぷりのセクシーなギターに甘~いボーカル、
軽やかなスキャット・・・。George Bensonの
魅力を書けばキリが無いですが、私が最も好きな
アーティストの一人です。

彼の作品の中ではTommy LiPumaがプロデュース
を手掛けた"Breezin'('76)"以降から80年代中期辺り
までがツボですね。ジャズファンの方ゴメンナサイ!
(もちろんCTI期やそれ以前のジャズ期も好きです)(汗)

本作は"Breezin'('76)"と同路線のメロウフュージョンで
Tommy LiPumaを始め、お馴染みのメンバーが
参加していて、どの曲も秀逸の出来だと思います。

Earl KlughのTr.1"Livin' Inside Your Love"
まるで歌ってるようなギタープレイに心奪われる
メロウフュージョン。"Breezin'"を彷彿させる
清涼感いっぱいの美しい曲。所々に入るスキャットも
心地良いです。Ronnie FosterのTr.3"Nassau Day"
踊るギターが軽快でトロピカルな曲。フニャフニャした
シンセリードが盛り立てます。すっかりリゾート気分ですね。
Young Holt Unlimitedのクラシックナンバー
Tr.4"Soulful Strut"クリーンな音色のギターが冴える
爽やかグルーヴィーチューン。Skip Scarborough作
L.T.D.でお馴染のTr.7"Love Ballad"ディスコティックな
アレンジのグルーヴィーチューン。ソウルフルで甘く
耳触りの良いボーカル、お得意のギターとスキャットの
ユニゾン、アレンジもホントに素晴らしい!!
お洒落ですね~。この曲があるから彼の作品では
このアルバムが特にお気に入りなんだと思います。
Tr.8"You're Never Too Far From Me"彼らしい
Wes Montgomery的なギターをフィーチャーした
渋めのメロウフュージョン。ホントに歌ってるようなギター!
スンごい表現力ですね! Lou Rawlsの
Tr.9"Love Is A Hurtin' Thing"ボーカルと
スキャットをフィーチャーしたアーバンメロウ。
甘~いボーカルに惚れぼれします。
Tr.10"Welcome into My World"お洒落でメロウな
ラテンフュージョン。またしても甘~いボーカルにうっとり。
Ronnie Fosterのエレピソロが鮮やかですね。
個人的にはやっぱりこういう曲がツボですね。
Tr.11"Before You Go"Tr.1同様の、まるで
歌ってるような艶々ギタープレイに心奪われて
しまいます。もー抱いてくれ。頼むから。
エレピソロはJorge Dalto。キラキラしてます。
ここでもストリングスが絶妙な演出をしてますね。
清涼感いっぱいの美しい曲。

商品の詳細はこちら



Page Top

最新記事
記事一覧表示
CDストア
アマゾン
月別アーカイブ
プロフィール

70sgroove

Author:70sgroove
雰囲気のいい音楽が好きな
ただのリスナーです。
聴いて感じた事を素人の
視点で書いていきます。
ゆる~いブログなので
内容はありません。
詳しい情報は他blogさんに
お任せってことで・・・。
エレピ(フェンダー・ローズ
等)やアナログシンセ
(moog等)やワウギター
などのいかにも70年代な
音色がストライクです。
もちろん70'sだけでなく
60'sや80'sもあります。
最近の音楽が好きな方も
"新しい音楽"として
興味を持ってもらえると
嬉しいです。

カレンダー
11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
グダグダ日記

これ、つまらないものですが。。。
音楽レビュー以外の記事はこちらに引っ越しました。m(_ _)m

お気に入りリンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ランキングサイト
にほんブログ村 音楽ブログへ
人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。