1. Top » 
  2. 総集編
お知らせ
ご来訪下さり、誠にありがとうございます。
体調不良の為ブログの更新を休止しております。

別館「これ、つまらないものですが。。。」の方は更新しておりますので
もし、お時間ございましたらこちらの方も宜しくお願い申し上げます。
m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

夏に聴きたい元気の出る曲集

どうもこんばんわです!

また暫らく間隔が空きそうなので別館ブログで紹介した曲など、
色々と、夏バテから解放される事間違いなし!な元気の出る曲を
選曲してみました。夏の疲れが少しでも癒されれば幸いです。
(拝借先のyoutube投稿者様、感謝です)

もし、お時間ございましたら関連記事もどうぞ宜しくお願いします。
夏に聴きたい曲集 その1
夏に聴きたい曲集 その2
夏に聴きたい曲集 その3


≪アーティスト名/曲名≫


1.Greg Alper Band / Hole In Your Pocket
from "Fat Doggie" (1978) ※再発CD発売中
ストレートで押しまくりの激かっこいい、ジャズファンク。
いやぁ、いかつい演奏ですね。特にボーカルが。。。
アルバム中、この手の曲はこれだけですが、この一曲で充分
お腹一杯です。≪再発CDはジャケが異なります≫

2.Jana Koubkova / Funky, Funky, Hop!
from "Hot Breath of Jana Koubkova" (1982)
こちらも激ファンキーなジャズファンクですが、チェコ発という事で、
ヨーロッパ物ならではのお洒落な雰囲気がムンムンといいますか。。
ともかくギターとスキャットが堪らなく格好良いです。
(ベスト版CD”Vocal Virtuoso:Collection 1977-97
に収録されています)

3.Catch Up II / Sister Jane
from Birth Of The Second Life (1976) ※再発CD発売中
グループ名が『Catch Up』だったり『Catch Up II』だったりして
ややこしいのですけど個人的には1作目にあたる『Catch Up』の
方がどタイプです。でもこの曲は最高です!哀愁系グルーヴィー。

4.Ben Sidran / Beg For It
from Free In America (1976) ※再発CD廃盤
この何ともいえない清涼感!軽やかなフルートと女声コーラスに
夏を感じられずにはいられないのであります。
アルバムでは他にもエレピ弾きまくりの"Let's Make a Deal"
とか堪りませんね。

5.Bobbi Humphrey / Satin Doll
from Satin Doll (1974) ※再発CD発売中

レアグルーヴ定番物だけど何故だかレビューしておりませんでした。
清涼感溢れるBobbi Humphreyのフルートに、Mizell兄弟の絶妙な
サウンドメイク。んー堪りません。スタンダード曲カバー。

6.Kellee Patterson / Time To Space
from Kellee (1976) ※再発CD発売中
トロピカル色濃厚なフリーソウル系の高速チューン。
Loggins & Messinaカバー。

7.Rodney Franklin / I Like The Music Make It Hot
from In The Center (1978) ※再発CD廃盤
1980年のアルバム"Rodney Franklin"でも演っておりますが
どちらも素晴らしいアーバンフュージョンです。
80年作に比べて音の質感というか垢抜けてない具合なんかが
好みという事でデビュー作のバージョンをピックアップしてみました。

8.Sergio Mendes / Amor E Agressao (Love And Aggression)
from "Pele" (1977)サントラ ※再発CD発売中
セルメンらしくない異色のスリリングなブラジリアンフュージョン。
とにかく神がかっております。(笑)
このコード進行といい、ん~格好良い!

9.Cravo E Canela / Preco De Cada Um
from "Preco De Cada Um" (1977) ※再発CD発売中
YouTubeの動画はPreco De Cada UmからAmor em Jacumaへ
2曲、繋がっております。こちらも神がかりといいましょうか、
哀愁たっぷり、ミラクルなグルーヴが最高です。
他の曲も良い曲ばかりだし、エレピも沢山出てきますので
機会があればぜひレビュー致したく思います。

10.Trio Ternura / Filhos De Zambi (1974)
最高に格好良い哀愁系メロウダンサー。
どうやらこのシングルの後に5人組のQuinteto Ternuraになった
みたいです。コンピCD"Terca Emerald"に収録。※コンピCD発売中

11.Ronie & Central Do Brasil / Remelexo
from "Ronie & Central Do Brasil (1975)" ※再発CD廃盤
以前レビューしましたアルバム"Ronald Mesquita / Bresil 72"
とは打って変わってトロトロなメロウ曲のオンパレード&
エレピ度全開なアルバムより、本作で一番お気に入りの曲を
ピックアップしました。ダバダバスキャットが素敵過ぎる
哀愁系グルーヴィー。

12.Burnier & Cartier / Lembrando Ed Kleiger
from "Burnier & Cartier" (1974) ※再発CD廃盤
思わず踊りだしたくなるようなブラジリアン・ファンキー。
ジャジーで洗練されたお洒落グルーヴがど真ん中です。
ギターとスキャットのユニゾンも超カッコいい。

13.Robin Kenyatta / Stompin' At The Savoy
from "Stompin' At The Savoy"(1974) ※再発CD発売中
スタンダード曲をDeodatoのアレンジで南国ムード満点に。
流石です。んー元気が出ますな。南の島気分を満喫です。
アルバムではこの手の曲はこれだけなのが非常に残念。

14.Copa 7 / Derepente
from "O Som Do Copa 7 (1979)" ※再発CD発売中
ホーン隊がメインのナイスなブラジリアンファンク。
Banda Black Rio辺りが好きな方にはお勧めのアルバムです。

15.Nico Gomez / Rio
from Bossa Nova (70s) ※再発CD発売中
何とも涼しげなグルーヴ。
これぞ夏バテには、ぴったりでございます。
暫らく再発CDが廃盤になっておりましたが
最近また再発されたようです。
アルバムはどの曲も爽快そのもので素敵です。

16.Osmar Milito E Quarteto Forma / America Latina
from Selva De Pedra (1972) サントラ ※再発CD廃盤
Marcos Valle、Paulo Sergio Valle兄弟が手掛けたサントラより
一番お気に入りの曲をピックアップしてみました。
ピアノのリフ&バッキングがめちゃんこ格好良いです。

17.Betinho / Lucia Esparadrapo
from "O Cafona" (1971) サントラ ※再発CD廃盤
この勢い!迫力のグルーヴ!いやはや元気が出て参りました。
この時期のSOM LIVREサントラ物は本当に良い物が多いですね。

18.Anamaria E Mauricio / Freio Aerodinamico
from No No No... Estamos Na Nossa (1970) ※再発CD廃盤
ブラジリアン・ソフトロック傑作盤より、Marcos Valleカバー。
高速ダバダバスキャットに完全ノックアウトです。

19.Augusto Martelli / Nanaue
from Black Sound From White People (1972) ※再発CD廃盤
少し雰囲気を変えましてイタリア物、ラウンジ系のグルーヴィーを。
アルバムでは他にも"Loco Love Motor"がクール&グルーヴィーで
格好良いです。

20.Pino Daniele / Sotto 'O Sole
from "Nero A Meta"(1980) ※再発CD発売中
イタリアのSSWによるメロウブラジリアン。
アルバム中、こういうテイストの曲はこれだけですが、
何回もリピートしたくなる素敵な曲ですよね。

21.Meta Roos & Nippe Sylwens Band / Zazueira
from Meta Roos & Nippe Sylwens Band (1978) 
再発CD発売中
もはや説明不要の名曲かと思います。
これを聴いたら体を揺らさない訳にはいかないでしょう。
スウェーデン産サンバ。中盤のエレピソロがまた格好良過ぎ。
Jorge Benカバー。

22.Dimenzio / Bamba
from "Dimenzio"(1981) ※再発CD発売中
ハンガリーのグループによるサンバフュージョン。
ジャジー&コズミックな雰囲気が非常に格好良いです。
アルバムではこの手の曲はこれだけなのが残念。。

23.Robson Jorge & Lincoln Olivetti / Aleluia
from "Robson Jorge & Lincoln Olivetti"(1982) 
※再発CD廃盤
Lincoln Olivettiといえば、70s後半~80s前半のブラジル音楽で
よくクレジットを見かけるお方でありまして、毎回、安定感抜群の
サウンドは惚れ惚れいたします。今回もゴージャスなホーンアレンジが
何とも素敵な爽快ブラジリアン・アーバンファンクに仕上がっております。
アルバムでは同様のアーバン・ファンク/フュージョンが
多数収められています。

24.Real Ax Band / Sticks & Stones
from Move Your Ass In Time (1977) ※再発CD廃盤
ドイツのジャズロック・グループによる疾走系ブラジリアン
フュージョン。大した情報が無くてすいません。

25.Pacific Express / The Way It Used To Be
from On Time ! ('78) ※再発CD発売中
以前このグループのベスト盤をレビューした時に、この曲
"The Way It Used To Be"が収録されてない、と書きましたが
その後めでたくアルバムがCD化されました。ありがとうございます。
かなりエネルギッシュな演奏でエレピ&シンセも活躍しております。
南アフリカ発ジャズファンク名曲。

26.Brainstorm / Everytime I See You, I Go Wild!
from Journey To The Light (1978) ※再発CD発売中
エネルギッシュなボーカルが素敵なグルーヴィー。
やはりStevie Wonder作のカバー曲となると文句無しにどタイプです。


という訳で、全部で26曲お送りいたしました。
随分長くてすみません。。(汗)
最後までお付き合い頂きありがとうございました!!


スポンサーサイト

エレピが素敵な曲集(その2)

ご来訪下さり誠にありがとうございます。m(_ _)m

アルバムレビューをしなくちゃ、と思いながらもなかなか
重い腰が上がりません。すいません。。。(汗)
なので前回に続き今回もお気に入り音楽を選曲してみました。
エレピフェチの皆様、共感して頂けましたら幸いです。
(拝借先のyoutube投稿者様、感謝です)

お時間ございましたら過去の記事もどうぞ宜しくお願いします。
エレピが素敵な曲集(その1)


≪アーティスト名/曲名≫


1.To Be / Glucklich
from"To Be"('77)
コンピCD"Glucklich"に収録されていて凄くお気に入りの曲
なのですが、アルバムはCD化されていないのでしょうか?
ともかく、夏がよく似合う清涼感たっぷりのメロウグルーヴで、
エレピの転がり具合と乾いた音色のギターが何とも心地良いです。
ドイツのプログレ系グループのようです。 ※コンピCD発売中

2.James Last / Love for Sale
from"Well Kept Secret"('75) ※再発CD発売中
かなりファンキー&ダンサブルなアレンジのスタンダード曲カバー。
エレピは割と控えめに鳴っておりますが曲が格好良いので
選曲してみました。アルバムはどの曲も良い出来です。

3.Hugo Montenegro / You Got it Bad Gir
from"Hugo In Wonder-Land"('74) ※再発CD廃盤
エレピはバックに徹しておりますので主役はシンセですね。(汗)
でもこのシンセが堪らなくメロウで素敵。
アルバムはスティーヴィーのカバー集で、この曲がベストだと思います。

4.Percy Faith / First Light
from"Corazon"('73) ※再発CD発売中
エレガント&グルーヴィーといいますか、美しいストリングスに
乗る中盤からのエレピソロが圧巻です。Freddie Hubbardカバー。

5.Alan Hawkshaw / Sky Train
from"Girl In A Sportscar"(60s~70s) ※ベスト版CD廃盤
Alan HawkshawはKPMライブラリーでよく見かけるお方で、
HIPHOPサンプリング・ネタのThe Mohawks"The Champ"でも
有名。爽快のお手本のような素敵過ぎる一曲です。
これまたエレピはおまけ程度しか登場しませんが、
曲が良いので。。ベスト盤はなかなか充実しています。

6.Steve Gray / Finding My Feet
from"Liquid Sunshine - Easy Listening
From The KPM 1000 Series (1970-78)" ※コンピCD廃盤?
DeodatoのSuper Strutをゆる~くしたような感じが
堪らんです。エレピの使い方も効果的ですね。
コンピCDに収録されていた曲ですが他にも同様の
ゆるいイージーリスニング風の好曲が収録されています。

7.Azteca / Find Love Today
from"Pyramid Of The Moon"('73) ※再発CD発売中
出だしのスキャットの所が凄く格好良いです。
かなり凝った展開で聴き所満載、お腹一杯です。エレピも実に渋い。

8.Ju-Par Universal Orchestra / Time
from"Moods & Grooves"('76) ※再発CD廃盤
出だしからヤラれてしまうエレピのこの音色!とにかくエレピが
神がかっています。清涼感溢れるメロウグルーヴ。

9.Osmar Milito / Eu Bebo Sim
from"Viagem"('74) ※再発CD発売中
エレピがひたすら転がるブラジリアン・グルーヴィー。

10.Leci Brandao / Questao De Gosto
from"Questao De Gosto"('76) ※ベスト版CD発売中
悶絶モノの高速サンバ。エレピの躍動感も素晴らしい。
ベスト版CD"O Canto Livre De Leci Brandao"に収録されています。

11.Tamba Trio / Jogo da Vida
from"Tamba Trio"('75) ※再発CD廃盤
哀愁たっぷりなメロウ。後半のエレピソロが堪りません。
Tamba Trioとしては一番好きなアルバムです。

12.Joao Bosco / Sudoeste
from"Linha De Passe"('79) ※再発CD発売中
跳ねたエレピと一癖ある曲調にハマってしまうグルーヴィー。

13.Arthur Verocai / Presente Grego
from"18.Arthur Verocai"('72) ※再発CD発売中
強烈なブラジリアン・ファンキー。エレピがかなり効いております。

14.Antonio Adolfo E A Brazuca / Transamazonica
from"Antonio Adolfo E A Brazuca"('71) ※再発CD廃盤
こちらも強烈なブラジリアン・ジャズファンク。
エレピやギターカッティングも超格好良いです。
それにこのコード進行、ツボなんですよね。

15.Azymuth / Dear Limmertz
from"Outubro"('80) ※再発CD廃盤
哀愁漂う曲調にボコーダーが映えますね。
中盤のエレピソロがかなり効いています。

16.Alexandro Rodriguez(Alex Rodriguez) / El Mercado
from"Busqueda"('78) ※再発CD発売中
グルーヴィー・フョージョン。スリリングな展開が
格好良いです。もちろんJorge Daltoのエレピソロも◎。

17.Bobby Lyle / Night Breeze
from"The Genie"('77) ※再発CD発売中
エレピフェチにはお馴染みのメロウグルーヴを。
プロデュースは鉄板のWayne Henderson。

18.Cedar Walton / Jacob's Ladder
from"Animation"('78) ※再発CD発売中
エレピが縦横無尽に転がりまくるナイスフュージョン。

19.Weldon Irvine / Turkish Bath
from"In Harmony"('74) ※再発CD発売中
Weldon Irvine作品の中ではこの曲がベストかなと思っております。
エレピが素敵な曲というテーマにおいてもベスト3に入れたいくらい
お気に入りの一曲です。ナイスメロウグルーヴ。

20.Jack Van Poll / Passage To Prerov
from"Hi Jackin'"('72) ※再発CDタワーレコード限定発売中
ゆったりとしたグルーヴに乗るエレピが心地良い一曲です。
トリオ編成なので、じっくり&まったりエレピを堪能できる
アルバムです。

21.Larry Young / Fuel For The Fire
from"Larry Young's Fuel"('75) ※再発CD発売中
思わずのけぞってしまう程の強烈なジャズファンク。
ウニョウニョしたシンセがインパクト大なのでエレピが地味に
感じますが名曲だと思います。

22.The Keyboard Circle / The Kumquat Kids
from"1976"('76) ※再発CD発売中?
最後は、Rob frankenのエレピとシンセが素晴らしい
ジャズファンク好曲を。Eddie Hendersonカバー。
本当は同アルバム収録のスタンダード曲カバー"Blue Bossa"
を一番お勧めしたかったのだけどYouTubeにありませんでした。。
とにかくエレピを弾きまくっている凄いアルバムです。


という訳で、全部で22曲お送りいたしました。
最後までお付き合い頂きありがとうございました!!
次回は久々に通常レビューです。

夏に聴きたい曲集(その3)

ご来訪下さり誠にありがとうございます。m(_ _)m

更新の間隔がまた空いてしまいそうなので、
久々にこの企画をサラッとやらせて頂きたく思います。
相変わらず、まとまりのない選曲で夏っぽくない曲もございます。
何卒ご容赦下さいませ。。
(拝借先のyoutube投稿者様、感謝です)

もし、お時間ございましたら過去の記事もどうぞ宜しくお願いします。
夏に聴きたい曲集 その1
夏に聴きたい曲集 その2


≪アーティスト名/曲名≫


1.Ray Barretto / Can You Feel It
from"Can You Feel It"('78) ※再発CD発売中
正直、Ray Barretto作品で一番好きな曲であります。バリバリの
アーバン・フュージョンなのでRay Barrettoらしくないですが
この何ともいえない清涼感!軽やかなギターと女声コーラスに
夏を感じずにはいられないのであります。
「アッハ~ン」なジャケも印象的ですよね。
アマゾンMP3試聴はこちら

2.Googie And Tom Coppola / Let This River Flow
from"Shine The Light Of Love"('80) ※再発CD発売中
爽快メロウグルーヴ。
ソフトなボーカルと癖のあるコード進行がど真ん中な一曲。

3.Doris Monteiro / Maita
from"Agora"('76) ※再発CD発売中
軽快なギターカッティングや、何とも軽やかなボーカルが
清々しいメロウ・ブラジリアン。
※再発CDは国内盤の方がお勧めです。
 国内盤のボーナス曲が良い出来です。

4.Banda Black Rio / Maria Fumaca
from"Maria Fumaca"('77) ※再発CD廃盤
これほど夏が似合う曲もなかなか無いんじゃないでしょうか。
ホーン隊もエレピも大活躍しております。凄くグルーヴィー。
アマゾンMP3試聴はこちら

5.Emilio Santiago / Nega
from"Comigo E Assim"('77) ※再発CD廃盤
風通しの良いサンバ曲。やっぱりこのお方のボーカルが
大好きなんですよね。声がいい。

6.Jorge Ben / Taj Mahal
from"Africa Brasil"('76) ※再発CD廃盤
定番曲ではありますが、この曲が無いと夏が始まらないので
あります。私がブラジリアン・グルーヴにのめり込むきっかけに
なった一曲でもあります。とにかく凄くファンキー。

7.Ray Barretto / Right On
from"Barretto Power"('72) ※再発CD廃盤
もう一曲Ray Barrettoを。この勢い!押しまくりのグルーヴ。
強烈です。

8.Black Sugar / Too Late
from"Black Sugar"('71) ※再発CD廃盤
ラテンロック定番曲。最強にホットなグルーヴですね。
(ベスト盤CDにも収録されています)

9.Santana / Tell Me Are You Tired
from"Amigos"('76) ※再発CD発売中
スティーヴィー・ワンダーを彷彿させる感じがど真ん中な
ファンキーナンバー。中間のエレピソロも素晴らしい。

10.Yellow Sunshine / Happiness
from"Yellow Sunshine"('73) ※再発CD発売中
ブルージーでメロウな好曲。かなり渋めのギターとエレピが
凄く格好良いです。

11.Courtial With Errol Knowles / Losing You
from"Don't You Think It's Time"('76) ※再発CD発売中
昨年ついにCD化されました傑作盤より、強烈グルーヴィー・
ラテンソウル/ロックを。ドライブのお供にぜひ。

12.The Spirit Of Atlanta / Messin' Around
from"The Burning Of Atlanta"('73) ※再発CD発売中
凄い高速グルーヴで格好良いし、特に中盤からの長めの
エレピソロは堪らんです。(Tommy Stewartのベスト盤?CD
"Make Happy Music"にも収録されています)

13.Raul de Souza / Fortune
from"Don't Ask My Neighbors"('78) ※再発CD廃盤
夏の空がよく似合う極上のメロウ。
このトロンボーンの音色が何とも素敵。

14.Push / You Turn Me On
from"Push"('77,'78) ※CD発売中
これまた夏が最高に似合う極上グルーヴ。エレピの響きも◎

15.Paul Horn / High Tide
from"Visions"('74) ※再発CD発売中
フルートの音色が美しい爽快フュージョン。Batteauxカバー。

16.Roy Ayers / Destination Motherland
from"Africa, Center Of The World"('81) ※再発CD発売中
このお方の曲の中では割と地味な曲ではありますが、
涼しげでメロウな曲調に乗るビブラフォンがとにかく美しいです。

17.Irakere / Cuba Libre
from"Cuba Libre"('80) ※再発CD発売中
最後はエレピが優しく転がるキューバン・ジャズを。
3分半以降からエレピが登場します。非常に心地良いグルーヴです。


という訳で、全部で17曲お送りいたしました。
最後までお付き合い頂きありがとうございました!!
次回はエレピが素敵な曲集その2です。

夏に聴きたい曲集 その2 (まとめ編)

ようこそ!いらっしゃいませ♪
お暑い中『おしゃれ音楽名盤ブログ(エレピ)』へ
お越し下さり誠にありがとうございます。m(_ _)m

今回はレビューではありません。
当ブログここ最近で一番人気の検索ワード”夏に聴きたい曲”に
あやかり、これまでにレビューしました作品の中から
夏が似合いそうな曲をいくつかピックアップしてみました。
(いつもながら拝借先youtubeの投稿者様、感謝です)
初めてお越し下さった方は『おしゃれ音楽名盤ブログ(エレピ)』
ダイジェストとしてお楽しみ頂ければ幸いです。

~ いつもお越し下さっている皆様へ ~
今年こそは夏バテに負けないで更新頑張りたいと思います。
どうか宜しくお願いします。引き続きお付き合い下さいませ。(礼)


≪曲名/アーティスト名≫

1.Reason For Livin' / Willie Bobo
from"BOBO"('79)
ラテン/ソウル・ダンスナンバー。
1曲目をどれにしようか迷いましたがやはりこの曲ですね♪
レビュー記事はこちら

2.Time / Light Of The World
from"Round Trip"('80)
グルーヴィー・ジャズファンク/ソウル名曲。
ギターカッティングとホーン隊がインパクト大です。
レビュー記事はこちら

3.Something Out Of Nothing / Brian Auger's Oblivion Express
from"Reinforcements"('75)
爽快ブラジリアンフュージョン。エレピが踊ってます。
レビュー記事はこちら

4.My Friend / Ricardo Marrero & The Group
from"A Taste"('76)
ファンキー・ラテン/ソウル傑作曲。
暑さも吹っ飛ぶ強力グルーヴをどうぞ。
レビュー記事はこちら

5.I've Got You On My Mind / Jorge Dalto
from"Chevere"('76)
メロウ・ブラジリアンフュージョン。涼を運んでくれます。
レビュー記事はこちら

6.Pastime Paradise / Ray Barretto
from"La Cuna"('81)
ラテンフュージョン。数あるStevie Wonderカバー曲の中でも
屈指の出来だと思います。ボーカルがサルサ色濃いのはご愛嬌で。
レビュー記事はこちら

7.Yes I Love You / Sergio Mendes & Brasil '88
from"Magic Lady"('79)
これぞ夏の曲でしょう!セルメン流ディスコが炸裂しております。
レビュー記事はこちら

8.Life In Paradise / Ronnie Laws
from"Friends And Strangers"('77)
トロピカルなメロウフュージョン。リゾート気分を満喫です。
レビュー記事はこちら

9.Skindo-Le-Le / Viva Brasil
from"Viva Brasil"('80)
思わず口ずさんでしまうサビの「Skindo,Skindo,Skindo...」
でお馴染みのブラジリアングルーヴ傑作曲。
レビュー記事はこちら

10.Te Caliente / Patsy Gallant
from"Patsy !"('78)
こちらは口ずさみたくても口ずさめないくらいの高速スキャット
に悶絶。アレンジも最高に格好良いブラジリアン・フュージョン。
レビュー記事はこちら

11.Reveil Matin / Godchild
from"Godchild"('75)
お洒落な曲満載のフランスのライブラリー傑作盤より、
夏の太陽がよく似合う一曲を。ソフトロック・ナンバー。
レビュー記事はこちら

12.White Beach / Harlem Pop Trotters
from"Harlem Pop Trotters"('75)
上の11曲目繋がりでこの曲です。軽やかなアコギの清涼感が
気持ち良いメロウ&グルーヴィー・フュージョン。
レビュー記事はこちら

13.California / Azuquita
from"Pura Salsa"('75)
ラテン・メロウグルーヴ。このゆるさが心地良いです。
レビュー記事はこちら

14.I'm A Man / Spiteri
from"Spiteri"('73)
ラテンファンク。骨太とお洒落のバランスが絶妙です。
レビュー記事はこちら

15.Que Se Sepa / Roberto Roena Y Su Apollo Sound
from"Vol.5"('73)
黒くて押しの強いグルーヴが格好良いサルサ。
レビュー記事はこちら

16.Sapo's Montuno / Sapo
from"Sapo"('74)
鮮やかなホーン隊にシビれるラテンナンバー。
この曲で暑さを乗り切りましょう!
レビュー記事はこちら

17.Nena / Massada
from"Astaganaga"('78)
毎年、夏に最も聴く曲がMALOの"Nena"なのですが、
今回はあえてこちらのカバーバージョンを一推しです。
中盤からの目もくらむような展開が格好良過ぎ。
レビュー記事はこちら

18.Sandy / Jorge Santana
from"Jorge Santana"('78)
抜群にキャッチーなメロディが良いですね。ディスコ名曲。
レビュー記事はこちら

19.Georgy Porgy / Side Effect
from"After The Rain"('80)
全面にフィーチャーされた切れ味抜群のホーン隊が
とても夏っぽく感じます。TOTOの定番曲ナイスカバー。
レビュー記事はこちら

20.The Way I Feel / Adrian Gurvitz
from"Sweet Vendetta"('79)
最後はこの曲です。哀愁たっぷりのメロウダンサー。
AOR/ソウル傑作曲。
レビュー記事はこちら


ガンガンにホットな20曲をお送りしました。
次回は通常アルバムレビューに戻ります。


よろしければ『夏に聴きたい曲集 その1』もどうぞ。

夏に聴きたい曲集

ご無沙汰しております!約一ヶ月ぶりの更新です。
夏バテ休暇で更新が滞ってしまいスイマセン。(汗)

気分転換に今回はアルバムレビューでは無く、
夏がよく似合う爽快な曲集をお送り致します。
まとまりのない選曲で恐縮ですがご容赦下さい。
(いつもながら拝借先youtube等の投稿者様、感謝です)

~訪問して下さった皆様へ~
残暑お見舞い申し上げます。まだまだ暑い日が続きますが、
くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。m(_ _)m

当ブログのダイジェスト版
『夏に聴きたい曲集 その2 (まとめ編)』
もぜひどうぞ!


≪曲名/アーティスト名≫


まずはブラジル方面から、、

1. Fato Consumado / Milton Banana Trio
from"Milton Banana"('75)
Djavanの名曲をトロピカル&メロウにアレンジしたフュージョン・
ナンバー。エレピの音色が何とも心地良いですね~♪
ちなみにベスト盤の"Balancando 2"('76)※再発CD廃盤、や
コンピCD"Samba Soul 70"にも収録されています。

2. Simbarere / Antonio Carlos & Jocafi
from"Cada Segundo"('72)
爽快というよりも熱気ムンムンのラテンナンバーですが
荒削りなファンキーさが最高に格好良いです。

3. El Musiquito / Aldemaro Romero
from"El Fabuloso"('71)※再発CD廃盤
センス抜群な名曲が数多くあるこのお方の中でも特に人気の高い一曲。
グルーヴィーな曲調に爽快なピアノ&コーラスが映えますね♪
≪アルバムの曲リストはこちら≫

4. Samba Do Malandrinho / Dom Salvador
from"Som, Sangue e Raca"('71)※再発CD廃盤
全体的に賑やかなファンク/ソウル/ブラジリアン・アルバムなのですが、
この曲はとびきりメロウ。エレピの音色が堪らなく美しいです。
≪アルバムの曲リストはこちら≫

5. Ja Estou Aqui / Ed Lincoln
from"Ed Lincoln"('68)※再発CD廃盤
ダンサブルで陽気な曲がズラッと並ぶ名盤から、この曲をピックアップ
しました。ホーンのフレーズがとても好きです。後半に出てくる
笑い声も印象的ですね。
≪アルバムの曲リストはこちら≫

6. Comanche / Jorge Ben
from"Negro E Lindo"('71)※再発CD(14CD-BOXセットに収録)
Ben様にしては割とクールなサンバソウル。
ジャジーな味付けとエレピの渋い音色が格好良いです。

7. Batuque / Joao Donato
from"Donato deodato"('73)※再発CD廃盤
Deodato流アレンジ炸裂なブラジリアン・フュージョン。
柔らかいホーンに、エレピ、ワウギター、等々.....。
グルーヴィーながらもサウダージ感溢れるメロウな雰囲気&
演奏。どれをとっても一級品です。"Nao Tem Nada Nao"
フュージョン・ヴァージョンといった感じでしょうか。
ちなみにこのアルバム、Joao Donatoの作品というよりも
Deodatoの作品と言った方がしっくりくるかも知れません。。
≪アルバムの曲リストはこちら(ジャケ&曲順違いヴァージョン)≫


ジャズ/フュージョン方面へ少々、、

8. Brazilian Tapestry / George Muribus
from"Brazilian Tapestry"('76)※再発CD発売中
Deodato作、Astrud Gilbertoの名曲カバー。爽快ブラジリアン・
ジャズ/フュージョン。George Muribusのエレピプレイ、吠えまくり
のサックス、軽快なパーカッション等々、聴き所満載な一曲です。
≪アルバムの曲リストはこちら≫

9. Pauvre Star / Cortex
from"Pourquoi"('78)
このブログでは1st2nd作品をレビューしましたが、これは3作目に
収録の一曲。あと、CD化された未発表作"Inedit'79"を合わせると
Cortexの作品は全部で4作でしょうか?私、よく判りません。。(汗)
(マニアの方なら詳細をご存知かと思います)それにしてもこのエレピ
の存在感。Cortex=エレピという私のイメージそのまんまの曲。
スキャットとの絡みもイイですね~。爽やかなメロウフュージョン。


続きましてラテン方面へ、、

10. Ouelele / Marius Cultier
from"Ouelele Souskai"('75)
フレンチカリビアン鍵盤奏者による名盤よりピックアップ。
エレピもコロコロと心地良いラテン・ジャズファンク。とても
ナイスなアルバムなので是非ともレーベルさん再発CDお願いします!!

11. Eh Eh Pachanga / Mazacote
from"Shukandu"('73)
ラテンファンだけでなくレアグルーヴファンの心もくすぐる一枚より。
こういうラテン/ジャズ/ソウル的な曲、モロにツボです。
エレピもなかなか効いてますね♪

12. Coco Seco / Bobby Valentin
from"Rey del Bajo"('74)※再発CD廃盤
ファンキーなアレンジ&演奏が最高に格好良いラテングルーヴィー。
こちらもレアグルーヴファンの方に受けが良いかと思います。
≪アルバムの曲リストはこちら≫

13. Ramon's Desire / Francisco Aguabella
from"Hitting Hard"('77)※再発CD廃盤
哀愁を帯びたラテンソウル・ナンバー。
ファルセット・ボーカル&スキャットも素敵ですね♪
大御所パーカッション奏者のラテンソウル/アフロキューバン・
アルバムより。ちなみに前回レビューしたMALOのアルバムにも
2作目~4作目に参加しています。レアグルーヴファンの方もぜひぜひ。
≪アルバムの曲リストはこちら≫

14. Leve Leve / Pierre Maizeroi
from"Salsa"('79)※再発CD発売中
哀愁漂う切ない曲調がド真ん中ですね♪クリーンな音色のギター
カッティングがとてもスムースで夏らしい爽快な一曲です。
ここでのエレピソロは凄くイイ! "Salsa"というタイトルですが
アルバムの内容はサルサっぽくありません。カリビアン~ブラジリアン
作品といった感じです。エレピも随所に出てきます。


再びブラジル方面を少々、、

15. Daquilo Que Eu Sei / Ivan Lins
from"Daquilo Que Eu Sei"('81)※再発CD廃盤
夏の終わりの夕暮れ時がよく似合う(私の勝手なイメージですが)
メロウナンバー。美しくも切ないメロディが絶妙な雰囲気を
醸し出しています。Juntos('84)に収録されたPatti Austinを
フューチャーしたバージョンもゴージャスアレンジで素敵です。

16. Nega de Obaluae / Erica - Chiquinho et Les Show Rio
from"Brazil 77"('76)※再発CD廃盤
Wandoのサンバソウル名曲をスピード感溢れるアーバン・アレンジで
カバーした人気曲。ギター、ホーン、ピアノ等のメリハリの効いた
演奏が実にお洒落。Ericaさんのボーカルも素晴らしいです♪


お次はAOR方面へ、、

17. Waitin' On You / Jimmy Messina
from"Oasis"('79)※再発CD発売中
やっぱりこのアルバムは夏の必需品でしょう!
その中でも、抜群にトロピカルな一曲をチョイス。
≪アルバムの曲リストはこちら≫

18. Veux Tu Danser / Boule Noire
from"Il Me Faut Une Femme"('79)※再発CD発売中
フレンチカナディアンAOR/ソウル/デイスコ・アルバムより、
メロウでトロピカルな好曲を。ほんのり哀愁があって良いですね。
再発CDはAimer D'Amour('78)とのカップリングで発売中です。
≪アルバムの曲リストはこちら(11曲目~16曲目)≫


最後はディスコティックなのを何曲か、、

19. On The Town / Webster Lewis
from"On The Town"('76)※再発CD発売中
ラテンテイストのディスコフュージョン。
華やかなストリングス&ホーン、鮮やかなピアノ、軽やかな
女性コーラス等々、Salsoulサウンド的で格好良いですね。
≪アルバムの曲リストはこちら≫

20. Turn the Music Up! / The Players Association
from"Turn the Music Up!"('78)※再発CD発売中
ギターカッティングやホーンが最高に爽快でグルーヴィー!
ディスコ人気曲。夏のドライブには欠かせませんね♪
再発CDはThe Players Association('77)とのカップリングで発売中です。
≪アルバムの曲リストはこちら(7曲目~12曲目)≫

21. C'est Magnifique / Santa Esmeralda
from"Don't Be Shy Tonight"('80)※再発CD発売中?
名カバー"Don't Let Me Be Misunderstood 悲しき願い"('77)
が特に有名ですが、こちらの曲も私には堪りません。
随所にセンスの良いラテンフレーバーが散りばめられていて
とても好きです。 ラテンディスコ・ヒット曲。
≪アルバムの曲リストはこちら≫


という訳で、全部で21曲お送りしました。
少しでも夏の疲れが癒されれば幸いです♪
最後までお付き合い頂きありがとうございました!!
次回は通常アルバムレビューに戻ります。

祝☆一周年

昨年9月19日に書き始めたこのブログも、おかげ様で一周年を
迎える事が出来ました(ヘロヘロではありますが)。「三日坊主」確実
だと思っていたので、まさかの一周年です!!ヽ(´▽`*)ノ

このブログへリンクして下さっているサイト様方や、
お忙しい中、定期的に訪問して下さっている方、
「検索してると、なんか辿り着いちゃうんだよね・・」と、少し呆れ気味の方、
バックトゥザフューチャーの再放送なみのローテーションで、
ふと思い出した頃に訪れて下さる方、
はたまた、毎回不評な”グダグダ日記”もちゃんと読んでるぞ!
という慈愛に満ちた方、
また、今回初めていらっしゃった方も、、、
本当にありがとうございます!!感謝の気持ちでいっぱいです。
これからもどうぞよろしくお付き合い下さいませ(礼)

そして、音楽ブログさん方々へ感謝申し上げます(礼)
小心者の私ですので滅多にコメントを残す事は無いのですが、
あちらこちらのブログ様へおじゃましては、マメに熟読させて頂いて
おります。本当に皆さん音楽に詳しく、音楽をこよなく愛されて
いらっしゃる方々ばかりでとても尊敬しております。

ではでは一周年感謝の意を込めましてフュージョン、レアグルーヴ系
18曲をどうぞ!♪もちろんエレピも沢山出てきますよ~♪
「内容薄く、全く為にならない解説」は一切無しでお楽しみ下さい♪♪

1.Players Association 2.Manfredo Fest 3.Tom Browne 4.Weldon Irvine
5.Mtume 6.Ronnie Foster 7.Gene Harris 8.Ricardo Marrero
9.Roy Ayers 10.Wood Brass & Steel 11.Frank Foster
12.David Bendeth 13.Copeland Davis 14.Pleasure 15.Charles Earland
16.Ahmad Jamal 17.Patrice Rushen 18.Deodato

半年間ありがとうございました

このブログも昨年9月から書き始めて半年、なんやかんやで
常にバタバタした状態が続き、何度も心折れかけましたが、
なんとか持ちこたえる事が出来ました。普段、日記など書かない
ズボラな私の性格上、絶対三日坊主になると思ってました。。

これまでこのブログに訪れて下さった方々へ。
本当にありがとうございました!感謝の気持ちでいっぱいです。
いやー音楽って本当に素晴らしいですね(涙)


・・・そんな訳で、心機一転!4月より気持も新たに、
より一層グダグダで参りたいと思います!
(って、辞めるんとちゃうんかーーぃ!!もぅ!紛らわしいよ!)

そ、それと、、(汗)Googleからレビュー記事が消えていた件ですが、
去年12月以降ほぼ全滅した後、今年3月に元に戻りました。
(特に何もしてません)が、、現在はまたほとんど消えてます。
相変わらずGoogleからのお客様は壊滅状態です。でも、
これでいいんだと思います。そんなに、宣伝するような大した
内容のブログでも無いし、”細く長く”を目指したいと思います。

これからも何卒よろしくお願いします(礼)

Page Top

最新記事
記事一覧表示
CDストア
アマゾン
月別アーカイブ
プロフィール

70sgroove

Author:70sgroove
雰囲気のいい音楽が好きな
ただのリスナーです。
聴いて感じた事を素人の
視点で書いていきます。
ゆる~いブログなので
内容はありません。
詳しい情報は他blogさんに
お任せってことで・・・。
エレピ(フェンダー・ローズ
等)やアナログシンセ
(moog等)やワウギター
などのいかにも70年代な
音色がストライクです。
もちろん70'sだけでなく
60'sや80'sもあります。
最近の音楽が好きな方も
"新しい音楽"として
興味を持ってもらえると
嬉しいです。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
グダグダ日記

これ、つまらないものですが。。。
音楽レビュー以外の記事はこちらに引っ越しました。m(_ _)m

お気に入りリンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ランキングサイト
にほんブログ村 音楽ブログへ
人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。